おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
441

白組頑張ってください

 こんばんわ、ハイスクールDxDのソシャゲーでランキングトップ10に入る薄気味悪い中年です。 おかげでギルドへの勧誘が絶えません。 それもこれも親族の彼のおかげです。  ということで、朝鮮絵合わせに朝鮮玉入れの肉奴隷な私ですが、昨今の台は怖いですね。 午前中で5万負けれましたよ。 13時の時点で7万です。 涙で明日が見えなくなって、苦しくて心を飾りたくなってジムに駆け込み、このままプールでどざえもんになっ...  こんばんわ、ハイスクールDxDのソシャゲーでランキングトップ10に入る薄気味悪い中年です。<br /> おかげでギルドへの勧誘が絶えません。<br /> それもこれも親族の彼のおかげです。<br /><br /> <br /> ということで、朝鮮絵合わせに朝鮮玉入れの肉奴隷な私ですが、昨今の台は怖いですね。<br /> 午前中で5万負けれましたよ。<br /> 13時の時点で7万です。<br /><br /> 涙で明日が見えなくなって、苦しくて心を飾りたくなってジムに駆け込み、このままプールでどざえもんになってやろうかと思いました。<br /> そこで知らないおばさんに当たり散らしてやろうかと思ったんですが、そこはやはり、いつもテンダネス、だけどロンリネスな私なので、硝子細工のフィーリングで、おばさんたちといつものように談笑しながらさりげなく腋の下に毛が生えてないかチェックしてしまうわけです。<br /><br /> <br /> そんな感じで、相変わらずゼウスしか打てない小生。<br /><br /> ゼウスに座ればこんな感じで勝てるんです。<br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1780.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1780.jpg" alt="1780.jpg" border="0" width="572" height="346" /></a><br /> <br /> GOD3回で赤7を5回。そのうちエクストラ4回ですが、すべて2ゲーム以内で1度も乗せられずに落ちました。<br /> 作為的な何かを疑いましたねほんと。<br /><br /><br /> 11時から17時までずっと天国ロング。<br /> 通常に落ちた後も、まだまだチャンスあるかな?と思って粘ったんですが、バーオでフリーズからの、疲れ果てたおっさんの顔がカットインでGOD揃い。<br /> ここから伝説がまた始まるのかな?とか思ってたんですが、1ゲームも乗らずにお情け1セットだけがオマケで付いてきて終了。<br /> <br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1779.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1779.jpg" alt="1779.jpg" border="0" width="310" height="230" /></a> <br /> <br /> にしてもおかしな出方だった。<br /> 1日打って、上乗せゲーム数が10ゲームしか選択されないなんて今まで一度もなかった。<br /> てか逆にオカルトでしかないけどさ、50とか100とかゴリゴリ乗せちゃう時ほど、大勝ちできなかったりするんですよね。私の場合。<br /> <br /><br /> <br /><br /><br /><a href="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7089_1.jpg" target="_blank"><img src="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7089_1.jpg"/></a><br /><br /> そんなこんなで、結局ゼウスと番長2ばかりの私ですが、最近足が遠のいていたホールが<a href="http://www.youtube.com/watch?v=RGoV1Cqpcxg" target="_blank" title="餃子の王将2">餃子の王将2</a>を入れた。<br /><br /><br /> 何を隠そう私はこの台が大好き。<br /> 純粋に玉の動きで一喜一憂できる台が私は大好きなんです。<br /><br /> だがしかしだがしかし。<br /> 現代はパチンコも等価の時代。<br /> 500円で下手しなくても1度もデジタルをまわせないこともしばしば。<br /> おかげで、あっという間に玉が無くなるので投資速度が甘なんかに比べると異常な速さです。<br /><br /><br /> デビルマン倶楽部亡き後、マジカペ、ビッグシューター、レレレにおまかせといったハネモノブームを思わすかの如くリリースが続いていましたが、やはり4円等価という時代が時代なだけに、まったくもって遊べない釘調整には泣けてくるばかりです。<br /><br /> 10年前にパチンコ等価の店に迷い込んでファインプレーを打った時に、あまりに鳴かない寄らないの釘調整に驚愕したんですが、まさか10年後はどの店もそのような調整なうえに、仕方なく座ってしまう自分がいるだなんて夢にも思いませんでした。<br /><br /> にしても、仮に釘が良いにしてもマジカペ、ビッグシューター、レレレはどれも酷いですけどね。<br /><br /><br /><br /><a href="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7067_1.jpg" target="_blank"><img src="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7067_1.jpg"/></a><br /> 回転体を付けておいて「マジックカーペットの後継機です!」みたいな顔をしてしまうマジカペ。<br /> <br /> ユーザーは結構この台に期待していました。<br /> 思いのほか、ホールも期待していたのか設置してる店が多くありました。<br /><br /> でもあっという間に閑古。<br /> 今では残してる店もバラエティとかに1台程度とかですよねこれ。<br /><br /> ていうかね、回転体付けてしまう時点で、もうマジックカーペットじゃないんだよ。<br /> だったらまだ、<a href="http://www.youtube.com/watch?v=PJIbBMm--04" target="_blank" title="ミラクルカーペット">ミラクルカーペット</a>で羽開閉の回数を2回または3回のところを1回または2回に減らした台をリリースしてもらったほうがましですよ。<br /><br /> ゴミにもほどがある。<br /><br /> <br /><br /><br /><a href="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7095_1.jpg" target="_blank"><img src="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7095_1.jpg"/></a><br /> そしてお次は、ハネ開閉のタイミングをランダムにしておいてビッグシューターの名前を冠してしまったビッグシューター。<br /><br /> ビッグシューターの後継機は今日に至るまで数多くリリースされてきましたが、おそらく過去最低であると断言できると思います。<br /> <br /> とにかくハネ開閉のタイミングがランダムなのがいただけない。<br /> あとさ、PUSHボタンを押すとサウンドを選べるだけどさ、その時に「レトロサウンド!」とか喋る声が小学校の時の運動会の放送部の声なんだよ。<br /><br /> 「赤組速いです。白組頑張ってください。」<br /> っていう、わざわざマイク使って言わなくたってわかってるようなことを低いテンションで実況するあの声なんだよ。<br /> <br /> 打ったことない人は是非ボタンを押して、ノスタルジックな気分に浸ってみてくれ。<br /> ていうか、打たなくてもPUSHボタンを押すだけであの声が聞こえるから聞いてみてくれ。<br /><br /> 運動会で脚が遅くて、毎年頑張ってくださいと言われていたそこのお前。<br /> そんなお前にこそ、この台のPUSHボタンを押してもらいたい。<br /> 俺はそんなお前たちの気持ちがよくわかる。<br /> なぜなら小学生の頃、肥満児でメガネであったが故に「こぶ平」ってあだ名だった俺も、お前たちと同じように「頑張ってください」という社交辞令丸出しな言葉を、マイクとスピーカーを通じて投げかけられた経験があるからだ。<br /> <br /> <br /> こっちだって頑張ってるんだ。<br /> 頑張ってるのに頑張ってくださいとか言われなくたってわかってるんだ。<br /><br /> それなのにわざわざ、マイクとスピーカーという電化製品を通じて大きな音量で、自分のお父さんやお母さん。さらにはお友達のお父さんやお母さんが見ている前で。<br /> しかも8mmビデオカメラ回されてる前で、頑張ってるのに頑張ってくださいとか皆に聞こえるように大音量で言われるような辱めとかね。<br /> 仮にこれが、とんでもないドM小学生とかだったら、走ってる最中に短パンのワキからフル勃起したチンコが飛び出して体液を出してしまったりするわけですよ。<br /> <br /> てか、小学生の頃ってなんで精子でた後、チンコがすっごい痛くなったんだろうかね。<br /> <br /><br /> ・・・余談が過ぎました。<br /><br /><br /><br /> ということで、運動会で脚が遅かったそこのお前。<br /> そんなお前のためにこの台のPUSHボタンが存在していると言っても過言ではない。<br /><br /> 今すぐホールに行ってPUSHボタンを押してきてくれ。<br /> 脚が遅くて「頑張ってください」の餌食にされた人には、特に押してもらいたいんだ。<br /> <br /> <br /><br /><br /><a href="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7141_1.jpg" target="_blank"><img src="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7141_1.jpg"/></a><br /> そしてトドメは、もはや後継機を出す度に初代の輝きが増してしまう「レレレにおまかせ!もういっかい。」<br /><br /> このクソ台は、前作もクソ過ぎて目も当てられなかったが、今回はさらにクソさが増した。<br /><br /> なんといっても、前作は保留アリだったのに今回は保留ナシなんだよね。<br /> しかも前作同様に、羽はランダム開閉。<br /> で、この台ってさランダムはランダムでも、ほかの機種と違って妙なタメがあって本当にむかついてくるんですよね。<br /> <br /> お日様の役物がうごめいてタメるじゃないですか?タメにタメて3開閉とかあるじゃないですか?<br /> もうね、3回開くのはうれしいけどさ、その3回の開閉に至るまでタメにタメまくる間、前作は保留があるからチャッカーに玉が入れば保留されるんだけど、今作は保留がないからチャッカーに入ってもハナクソ程度の賞球があるだけ。<br /> てか、先述したとおりで4パチ等価なもんだから鳴きだってキツいわけですよ。<br /> つまり、タメてる間は打ちこんでる球がほぼムダになるってわけですよ。<br /><br /> <br /> 打てば打つほど、初代の素晴らしさが際立ってしまいます。<br /><br /><br /><br /> <br /> 
437

ハイスクールDxD VS 小生 その3 ~小市民たちはいつも挑戦者を笑う~

※今日の記事は会社や職場で開いたらダメだ!家に帰るまで我慢するんだ!~前回までのあらすじ~ 退会してしまったネトゲ復帰にあたり、適当な理由つけて復帰を拒んだものの本当はもっと別な理由で復帰がおっくうになってしまっている小生。 そのネトゲとはまったく関係ないと思われる、親族の職なしアニメおじさんから、ついに一騎当千の二次創作小説(通称SS)が自宅に送られてきたものの、それについて触れることはタブーとなっ... <strong>※今日の記事は会社や職場で開いたらダメだ!家に帰るまで我慢するんだ!</strong><br /><br /><br /><br />~<a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-436.html" target="_blank" title="前回">前回</a>までのあらすじ~<br /> 退会してしまったネトゲ復帰にあたり、適当な理由つけて復帰を拒んだものの本当はもっと別な理由で復帰がおっくうになってしまっている小生。<br /><br /> そのネトゲとはまったく関係ないと思われる、親族の職なしアニメおじさんから、ついに一騎当千の二次創作小説(通称SS)が自宅に送られてきたものの、それについて触れることはタブーとなってしまった。<br /><br /> それから数年経て、彼の新作がまた送られてきたのであった。<br /><br /><br /><br /><br /><br /> <br /> 「そうだ!俺はこの大きくて形のいいおっぱいを守るために悪魔になったんだ!」<br /><br /> 読めば読むほどおぞましく、鳥肌が立つまでにたった数行だった。<br /> あまりの恥ずかしい内容に、1ページすらまともに読むことができなかった。<br /><br /><br /> ただ、今回は一騎当千のSSではなく、題材にしたアニメはハイスクールDxDというアニメのようで、一騎当千と異なり事前知識の無かった私はすぐにググった。<br /><br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1773.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1773.jpg" alt="1773.jpg" border="0" width="470" height="260" /></a><br /> ・・・・・ <br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1774.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1774.jpg" alt="1774.jpg" border="0" width="470" height="270" /></a><br /> ・・・・・<br /><br /><br /><br /><br /><br /> とりあえず、アニメに疎い私から言わせれば、似たようなけしからんアニメということだけはわかった。<br /><br /><br /> <br /> なんだか右も左も巨乳巨乳。<br /> しかもどいつもこいつも、乳と乳輪の対比が同じような比率なんですね。<br /> <br /> これにはおじさんモノ申したい。<br /><br /><br /> 皆が皆ピンク色であると思うなよと。<br /> 何だかきったねえこげ茶色の女とかもいるんだよ。<br /> それをアニメというものは美化しすぎてると思うんですよ。<br /><br /> あとね、乳輪の広さが均一されてるのもおじさんとしては許せないわけですよ。<br /><br /> <br /> あのね、ほんとね、ラブホでブラ外してみたら、今は亡き8cmシングルCDが乳首に引っかかってるんじゃないのそれ?みたいなサイズの女子とか意外といるんだよ。<br /> <br /> キャラクターの顔が一人一人違うように。<br /> そして、人間一人一人が歩んできた道がそれぞれ異なるように。<br /> お乳のサイズ、乳輪の色、乳輪の広さ、突起具合、なぜか乳輪にボツボツしたものがあって汚い女などなど形状は人それぞれ異なるわけですよ。<br /> <br /><br /> あとこの手のアニメはどいつもこいつもケツがキレイすぎるのもいただけない。<br /><br /> そこらへんに居る素人女なんてさ、ダニにケツ食われてるんだろうなみたいなさ、ケツきたねえ女なんてゴマンといると思うのよ。<br /> なのに、この手のアニメはみんな、オムツのCMに出てくる赤ちゃんみたいなケツしてるでしょ?<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /> <br /> ほらみてみろよ、素人じゃなくプロのAV女優だってこんなにきたねえケツのヤツだっているんだぜ!<br /><br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1775.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1775.jpg" alt="1775.jpg" border="0" width="540" height="380" /></a><br /> 片桐えりりかさん<br /><br /><br /><br /><br /> <br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1776.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1776s.jpg" alt="1776.jpg" border="0" width="120" height="67" /></a><br /> 虫刺されを通り越し、なんかかぶれてるとしか思えない片桐えりりかさん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /> このアニメは何を主張したいのか。<br /> 敵と戦うストーリー性なのか?それともエロなのか?<br /> <br /> それはきっと両方だと思うんです。<br /> 両方だと思うんだけどさ、こないだも書いたと思うけど生理の日に戦うハメになって「<a href="http://www.youtube.com/watch?v=1wiIt8T1W78" target="_blank" title="トニー、力が出ないよぉ">トニー、力が出ないよぉ</a>」的な展開になることだってあると思うんです。(そういう意味ではキャスカが生理の日に戦うハメになった描写を表現したベルセルクは小生の中では少し評価)<br /><br /> <br /><br /><br /> 余談が過ぎました。<br /><br /><br /><br /> 結局、そのSSは読まなかったふりをして、そっとリビングのテーブルに戻しました。<br /> <br /> 後日、そのSSはシュレッダーにかけられていました。<br /><br /> 家族はどのような返事を彼にしたのかは伺っていません。<br /> <br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ad/%E9%87%8E%E8%8C%82%E8%8B%B1%E9%9B%8420110216.jpg/275px-%E9%87%8E%E8%8C%82%E8%8B%B1%E9%9B%8420110216.jpg" target="_blank"><img src="http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ad/%E9%87%8E%E8%8C%82%E8%8B%B1%E9%9B%8420110216.jpg/275px-%E9%87%8E%E8%8C%82%E8%8B%B1%E9%9B%8420110216.jpg"/></a><br /> メジャーリーグに挑戦した野茂英雄は言いました。<br /> 「小市民たちはいつも挑戦者を笑う」<br /><br /><br /> これは、困難な壁に立ち向かおうとするとき、バカだの無謀だのと指さして笑う人たちのことを言ってるんだと思います。<br /> ここで指す「小市民」を身近なものに置き換えようとすると「2chの名無し」「ヤフコメ民」などがすぐに浮かびました。<br /><br /> 彼らが日常、どういう仕事をし、そしてどういう生活をしているのかはわかりません。<br /> そしてそれは「2chの名無し」や「ヤフコメ民」の皆が皆、該当するものとは言いませんが、ネット上で自由に他人をこき下ろし、右へ倣えと世間一般で測れる程度の常識を押しつけ、個性を潰そうとする姿勢を見ていると、どうも日頃から何かに努力し、そして困難に挑んでいるとは思えないんですね。<br /> <br /> 何の努力もせず無難に生き、自分よりもダメな人間を見つけてはバカする。<br /> 自分の感性と合わないものをこき下ろす。<br /> <br /> <br /> 私はいつも思うんです。<br /> じゃあ、お前らが言うように、お前らが思うとおりに無難な生き方をする人間ばかりになったら、それこそたとえば誰も夢を追って舞台俳優とかも目指さないだろうし、スポーツでメシを食ってこうなんて人間だって現れやしないと思うし、ましてやお笑い芸人なんかも誰も目指さないだろうと。<br /> <br /> それはきっとものづくりの世界に関しても同じだと思うんです。<br /> 誰も新しいことなんかにチャレンジしない。だから何の進歩もしない。<br /> 彼ら「小市民」が思うとおりの世の中になったとき、それはきっと世の中から個性がなくなる時だと思います。<br /> そして野茂の言う小市民の物差しの中で、誰もが挑戦もせずに収まってしまっていたら、もしかしたら日本はいつまでたってもチョンマゲを結わいていたのかもしれません。<br /> いや、もっと昔からそういった小市民が世の中に溢れていたとしたら、ウホウホ言いながら石の硬貨とかを未だに使っていたかもしれませんね。<br /><br /><br /><br /><br /> 話しがだいぶ横にそれてしまいました。<br /> <br /> 彼の創作小説の執筆活動に対し、私はそのようなことを思ったんです。<br /> もしかしたら、彼の執筆活動を笑う私は小市民なんじゃないかと。<br /> <br /> そう思ったら、おそらく童貞であろう彼に対し、もっと小説にリアリティを出すには生理日を設定するべきだとアドバイスを送ったりして応援すべきなのでは?とも思いました。<br /><br /><br /><br /><br /> ていうか、なんで擁護するような発言しだしたかって?<br /><br /><br /> SS読んで少し気になってググってくうちに、アニメをきっちり見てしまった上に、モガベーのハイスクールDxDのゲームにクソハマリして課金までしているからだよ。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1777.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1777.jpg" alt="1777.jpg" border="0" width="290" height="300" /></a><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1778.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1778.jpg" alt="1778.jpg" border="0" width="320" height="300" /></a><br /><br /><br /><br /> おかげで永井先生のサミタ配信で、スーパージャックポット打ってたのを見て戻りたくなったにも関わらず、おじさんはインテで放置できないこのゲームにどっぷりハマってしまったので戻るに戻れません。<br /><br /> おじさんはイベントの参加やギルドへ貢献するために忙しいんです。<br /> <br />  <br /><br /><br /> まさに、ミイラ取りがミイラになるとはこのことなんだろうなと思いました。<br /><br /><br /> でもアニメはあまり面白いと思えませんでした。<br /> どちらかというと、単純にこの手のゲームが新鮮に思えてハマってる感じです。<br /><br /> にしても、この手のゲームは終わりが見えないので怖いですね。<br /> きっと飽きた時が終わりなんでしょうけど。<br /><br /><br /> <br /><br /><br />
  • Date : 2013-10-26 (Sat)
  • Category :  日常
436

ハイスクールDxD VS 小生 その2 ~追憶の人形劇~

~前回のあらすじ~ 退会してしまったネトゲ復帰にあたり、適当な理由つけて復帰を拒んだものの本当はもっと別な理由で復帰がおっくうになってしまっている小生。 そのネトゲとはまったく関係ないと思われる、親族の職なしアニメおじさんとの関係は一体!? 葬儀の場で目をキラキラと輝かせながら、一騎当千というパンチラアニメの素晴らしさを語る、齢30をゆうに超えた親戚のおっさん。 目をキラキラと輝かせながら熱弁をふる... ~<a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-430.html" target="_blank" title="前回">前回</a>のあらすじ~<br /> 退会してしまったネトゲ復帰にあたり、適当な理由つけて復帰を拒んだものの本当はもっと別な理由で復帰がおっくうになってしまっている小生。<br /><br /> そのネトゲとはまったく関係ないと思われる、親族の職なしアニメおじさんとの関係は一体!?<br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1768.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1768.jpg" alt="1768.jpg" border="0" width="440" height="350" /></a><br /> 葬儀の場で目をキラキラと輝かせながら、一騎当千というパンチラアニメの素晴らしさを語る、齢30をゆうに超えた親戚のおっさん。<br /> 目をキラキラと輝かせながら熱弁をふるう姿はまるで、ネズミ講やネットワークビジネスで必死になって勧誘をする人のようだった。<br /><br /><br /> 「普段キミが食事につかっている塩は塩化ナトリウムなんだ。それは本当は体にとても害のあるものでね、実は政府も隠していることなんだけど、早死にする原因の一つになっているんだ。なんで政府が隠しているかって?<br /> それはね、今更そのようなことを発表したら日本中がパニックになるからだよ。」<br /><br /> 「そこで、僕と僕の友達でやってるビジネスってのが、この天然塩の販売っていうやつでね。●●海岸で取れた天然の海水を加工して作ったものでね・・・」<br /><br /> <br /> こんな、都庁は石原慎太郎の号令ひとつで巨大ロボに変形し、石原軍団の操縦によって、いつでも朝鮮半島を爆撃できるんだよくらいの規模のことを突然言われても薄ら笑いしかできないじゃないですか?<br /> 一見するととても人当りの良いように見える私なので、わけのわからない会社やプロジェクトに所属していた頃なんてこの手の勧誘はしょっちゅう受けてきたりもしたもんです。<br /><br /><br /> 話がそれました。<br /> ネズミ講のことは後日語るとして、そんな1つ先、2つ先のリスクをまるで考えてないネズミ講の勧誘の人のように目をキラキラと輝かせながら一騎当千のSS(創作小説)の執筆活動をする拠点を都内に構えたいがゆえに、その出資をせがむ親族の職なしアニメおじさん。<br /><br />   <br /><br /><br /> そして後日、彼の小説が送られてきた。<br /> ・・・ようだが、送られきてから随分経た後に私は送られてきたことを聞かされた。<br /><br /> 自分では読みたいなんてとてもじゃないけど思わない。<br /> 他人の書いたものとはいえ、見ているこっちが恥ずかしくなれること間違いなしな内容が容易に想像できることから、読みたいなんてとてもじゃないけど思えなかった。<br /> <br /><br /> だがしかし、その内容はえらく気になった。<br /> 気になったので、食卓を囲ってる最中に切り出した。<br /><br /><br /> 「●●君が書いた小説っての・・・どうでした?」<br /><br /><br /><br /> 箸を止めて義理のお母さんは遠い目をし<br /><br /> 「・・・ああ。あの子はもうしょうがないのよ。」<br /><br /> 「・・・もうどうしようもないのよ。」<br /><br /> と呟いた。<br /><br /><br /> やばそうだったのでそれ以上の詮索はしなかった。<br /><br /><br /><br /> <br /> 「三国志って、NHKの人形劇のなら記憶にあるけど・・・」<br /> という葬儀から帰る車の中での言葉を思い出した。<br /><br /> <br /> <br /><br /><br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1771.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1771.jpg" alt="1771.jpg" border="0" width="382" height="298" /></a><br /> 記憶にあった人形劇の三国志<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1772.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1772.jpg" alt="1772.jpg" border="0" width="265" height="503" /></a><br /> 送られてきた三国志<br /><br /><br /><br /><br /><br /> <br /> 義理のお母さんは理解に苦しんだことだろう。<br /> 頭に思い描いていた横山光輝やNHKの人形劇のような世界観とは遠くかけ離れ、巨乳の女子高生が殴り合いをする三国志の世界がそこにあり絶望したようだった。<br /><br /><br /><br /> <br /><br /> その後、家族は彼の話をすることはあっても、彼の執筆活動については触れなくなった。<br /><br />  <br /> そして、彼も熱しやすく冷めやすく、そして凝ってる最中はそれ以外見えなくなるくらいのめり込むくせに、飽きてしまうと見向きもしなくなるという性格が功を奏したのかもしれないが、創作小説が送られてきたのはその一度きりだった。<br /><br /> <br /><br /><br /><br /><br /> それから数年が過ぎたある日だった。<br /><br /><br /> 仕事から遅くに家へ帰ると、薄暗いリビングのテーブルの上に私宛に送られてきた書類などがいくつか置かれていた。<br /><br /> 自分宛てのものなのかも確認せずテーブルの上に置いてあった封筒などすべてを自分の部屋に持って行き、中身をすべて見ていった。<br /> その中に、A4のコピー用紙にひたすら細かい文字で何か書いてあるものがあった。<br /><br /><br /> 悪魔だのエクスカリバーだのわけのわからない言葉が並ぶこれをみて、すぐにそれが何かわかった。 <br /> 紛れもなく彼の新作だった。<br /><br /> 「そうだ!俺はこの大きくて形のいいおっぱいを守るために悪魔になったんだ!」<br /><br /> 読み進めるうちに、なぜか私が死にたくなるほど恥ずかしくなったはずなのに。<br /> それなのに、私がまさか…。<br /> <br /><br /><br />つづく<br /><br /><br /><br /> <br /><br /> 
  • Date : 2013-10-23 (Wed)
  • Category :  日常
430

ハイスクールDxD VS 小生 その1 ~僕はSSで食っていく~

 サミタ(ネットゲームね)を辞めたり復帰したりを繰り返しすぎたもんで、そのゲーム内のチームの方から、もう戻ってくる予定なんでしょ戻ってこいよ的な電話をもらいました。 そういう声をかけてもらえることは本当にありがたいことです。 しかし、忙しいからとかPCと相性悪いからとか理由をつけて断ってしまいましたが、それらは確かに復帰を躊躇う理由のうちの一つであることに変わりはないのですが、肝心な理由をその時は電...  サミタ(ネットゲームね)を辞めたり復帰したりを繰り返しすぎたもんで、そのゲーム内のチームの方から、もう戻ってくる予定なんでしょ戻ってこいよ的な電話をもらいました。<br /> そういう声をかけてもらえることは本当にありがたいことです。<br /> しかし、忙しいからとかPCと相性悪いからとか理由をつけて断ってしまいましたが、それらは確かに復帰を躊躇う理由のうちの一つであることに変わりはないのですが、肝心な理由をその時は電話でお伝えできませんでした。<br /> なので、今日はこのブログを借りてお話ししようと思います。<br /><br /><br /><br /><br /> 自分の親族にニートがいる。<br /> 30もゆうに越えているが働く気もなければ働けない。<br /> これで引き籠って親に暴力を振うようなタイプなら目も当てられないが、そこは幸いなことに、ひきこもって親に暴力をふるって金をせびるようなタイプではなく明るく、周りとコミュニケーションが取れるタイプのニートだ。<br /> しかし、この明朗快活さが逆に厄介だったりする。<br /><br /><br /> 彼との初めての顔合わせは親族の方のお葬式だった。<br /><br /> あいさつを交わした後、取るに足らないような当り障りの無い内容の話題をポンポンと控室の席で振ってくれたおかげで、周りが会話に気を遣うこともなく湿っぽいその場の雰囲気を和ませてくれたことから、妻から事前に聞いていた、弱冠病んでるといった情報は予め大げさに言っておく作戦だったんだろうと思った。<br /><br /> がしかし、1時間が過ぎ、2時間が過ぎ彼の挙動がおかしくなりはじめた。<br /><br /> 葬儀中もしきりに何かを気にしてキョロキョロしはじめ、葬儀が終わると<br /> 「さぁ終わったから皆さん解散しましょう!さぁ解散!解散!」<br /> 「ああっ!もうこんな時間だ!(わざとらしく時計を見ながら)我々が退散しないと掃除の人が困ってしまう!さぁはやくみんな解散しましょう!」<br /> と明らかに何かに追われて焦っている様子だった。<br /> <br /> そして、その隣では彼のお母さんが恥ずかしそうに<br /> 「やめなさい・・・なんでそういうこというのやめなさい・・・」<br /> と、うつむきながらささやいていた。<br /><br /><br />  <br /> その日の晩、妻に彼の話を聞くと、重度のネット依存症でネット環境が整っていない場所に1時間と居られないらしく、過去に妻の家に遊びに来た際、PC持参でやってきたものの回線の速度が遅いという理由で怒り出し、予定を大幅に切り上げてすぐに帰ってしまったらしい。<br /><br /> <br /> そして後日、彼がしきりにネット上の何かを気にしている理由を知ることになった。<br /><br /><br /> <br /> 葬儀の合間、控室から私は席をしばらく外しており、そこから控室に戻ると彼が親族に対してしきりに熱弁をふるっている姿があった。<br /><br /> 「僕は東京で活動をしたい!その活動の拠点を東京にほしいと考えている!」<br /> 「僕のSSは皆から認められてるからコミケでも売れてるんだ!だから本格的に活動したいと考えてるんだ!だから僕にマンションを買ってくれよ!」<br /><br /> 話の途中から参加した私はわけがわからなかったので、少し離れた位置で話に耳を傾けた。<br /><br /> 要約するとこんな感じだった。<br /><br />趣味で始めたアニメの二次創作小説(SS)が思いのほか世間でのウケがいい。昨日ここに来る前にアップした新作の小説も反響が大きい。(先日はそれを気にしてソワソワしていたらしい)<br />     ↓<br />コミケで販売してみたらそれなりの利益がでた。<br />     ↓<br />地方(場所は伏せます)での活動ではなく都内を拠点にし、冬だけでなく夏のコミケにも参加したい。<br />     ↓<br />せっかく親族が集まったこの機会だから皆にお願いしたい。僕の活動のために都内に住む家買って。<br /><br /><br /> こんな話、他人から聞かされたら「俺ならスレたてちゃうね。」と言って笑いながら答えるが、いざこれが自分の親族の口から吐かれた言葉となるとここまで深刻に悩むのか…と思いました。<br /> <br /> <br /><br /> 「一騎当千っていうのは、原作は三国志だけど、それが現代の女子高生に置き換わって・・・」という説明を真面目な顔しておっさんがおばあさんやおじいさんにする場面を想像してみてください。<br /> <br /><br /> そんな場面、想像できるわけがないと思います。<br /><br /><br />ちなみに知らない人向けに説明するとこんなアニメ<br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1768.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1768.jpg" alt="1768.jpg" border="0" width="440" height="350" /></a><br /> 左から、関羽、張飛、劉備、諸葛亮、趙雲<br /> <br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1770.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1770.jpg" alt="1770.jpg" border="0" width="480" height="90" /></a><br /> おそらく説明受けた年寄には、この横山光輝の三国志が頭に浮かんでいたことだろう。<br /><br /><br /><br /><br /><br /> <br /> そんな彼の一生懸命説明するサマは、まるでマネーの虎に出てきた抱き枕の男のようでした。<br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1766.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1766.jpg" alt="1766.jpg" border="0" width="360" height="230" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /> でも、だんだんと親戚一同の目が曇りだし、「また始まった。。。」といった感じで親戚一同はこんな表情で彼を見つめていました。<br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1767.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1767.jpg" alt="1767.jpg" border="0" width="330" height="230" /></a><br /><br /><br /><br /><br /> その後、義理のお母さんが的確に、<br /> 「そんなお金あるわけないでしょ?」<br /> 「夏と冬だけしか利益あがらないのに1年中生活できるの?」<br /> 「本当に出資させたいと思うなら、今までいくら利益をあげてきたのか正確な数字を見せなさい。」<br /> と責めたてたものの、都合の悪いことが全然聞こえない性格という妻の事前情報のとおり<br /> 「僕の一騎当千のSSはこれからも絶対にウケると思うんだ!だからわかってくれよぉう!」<br /> の一点張りだった。<br /><br /><br /> そこで、義理のお母さんが、そんなに認めてもらいたいならその小説を見せてごらんなさいと言うと、嬉々としてそして自信満々に今度送ると言い出した。<br /><br /><br /><br /><br /><br /> <a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1769.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1769.jpg" alt="1769.jpg" border="0" width="560" height="340" /></a><br /> その場にいた人たちは、実態はこんな豊乳の女の子がパンツ丸出しで殴り合いをするアニメだなんて想像もしてなかった。<br /> 私だけがその絵が浮かんだ。<br /> <br /> 浮かんでしまう自分も自分だが…。<br /><br /><br /><br /><br /> ていうか、私はこのアニメが大嫌い。<br /> もしかしたら過去にもここの記事で書いたかもしれないが、シミ一つない白いパンツを全員履いてる時点で、童貞の気持ち悪い妄想でしかないと思うんです。<br /> はっきりいって、おなかにパンチとかいれたら弱冠漏らすと思うし、オリモノどっさりな日とかあるわけですよ。<br /> それにさ、女子はマンスリーゲストに必ず生理を迎えるわけじゃないですか?<br /> <br /> スロー再生してみたら、弱冠パンツに茶色いシミがあったとか、ナプキンのハネが弱冠見えたとか。そういうリアリティを追及してもらえれば私は認めたいと思っています。<br /><br /><br /> こういうアニメは往々にして女子を美化し過ぎ。<br /> どんなにかわいい女でも、寝起きは喉ぼとけで食べ物を全部消化してるとしか思えないくらいウンコ臭い時だってあれば、アソコが腐ったチーズみたいな臭いがする女だっているわけです。<br /> <br /><br /> <br /> <br /><br /> 横道にそれました。<br /> <br /><br /><br /><br /> そんなパンツ丸出しで女の子が殴り合いをするアニメの二次創作小説を還暦を迎えた人に披露する日が後日やってくるのですが、理由にたどりつくまでにもう少し時間を要しそうです。<br /> <br /><br /> ということでつづきは次回。<br /><br /><br /><br /><br /><br /> <br /> <br /> <br /> 
  • Date : 2013-10-19 (Sat)
  • Category :  日常
432

ブログのデザインを変えました

こんばんわ。3連休の最終日をいかがお過ごしでしょうか?私は元カノが外国でパフォーマーとして活躍していることを友人に聞かされyoutubeで動画を観たら、なんだか勇ましい姿になっていたことに驚いたのもさることながら、ちらちら見える無い乳の胸の谷間を見ているうちに勃起してしまいました。男というのは悲しいものです。男というのは未練たらしい生き物です。昔の女のハメ撮りした動画とかがパソコンの奥底から出てきたら、つ... こんばんわ。3連休の最終日をいかがお過ごしでしょうか?<br /><br />私は元カノが外国でパフォーマーとして活躍していることを友人に聞かされyoutubeで動画を観たら、なんだか勇ましい姿になっていたことに驚いたのもさることながら、ちらちら見える無い乳の胸の谷間を見ているうちに勃起してしまいました。<br /><br />男というのは悲しいものです。<br />男というのは未練たらしい生き物です。<br />昔の女のハメ撮りした動画とかがパソコンの奥底から出てきたら、ついうっかりしこってしまう生き物です。<br /><br />きっと常人であれば、活躍している彼女の姿を見て素直に<br />「頑張ってるな。」<br />「輝いてるな。」<br />「ここまで来るのにきっと想像できないほど苦労したんだろうな。」<br />「自分も彼女に負けないくらいの努力をしないといけないな。」<br />と思うと思うんです。<br /><br />でも私は違いました。<br /><br />まず最初にタンクトップから垣間見える無い胸の谷間に<br />「ああ、相変わらず乳ちいせえな」<br />と思いました。<br /><br /><br />そして動画を観終えた直後、そんなことを最初に思ってしまった自分に嫌悪感しか残りませんでした。<br /><br /><br />悲しい。<br />本当に悲しい。<br />なんて俺はトーマスみたいな男なんだと思うと、悲しくて悲しくてやりきれなくなりました。<br />そして、コンビニに駆け込んで氷結果汁ストロングのロング缶お大量に買い込んで泥酔し、なぜか裸で筋トレしてるところを義理のお母さんに見られてしまいました。<br /><br /><br />そしてこの記事を書いている今も裸です。<br /><br /><br />・・・とここで、元彼女へのエールみたいなのを書いたのですが、読み直したところトーマスっぽい感じになってしまったので削除しました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />というわけでここからが本題。<br /><br /><br />ブログのデザインを変えました。<br /><br /><br />スケベな記事に興味ある人、パチスロの記事に興味ある人と、なんかもうちょっと別なものに興味ある人とで別れてるようなのでトップにアクセスした際に、すぐにどのカテゴリの記事が更新されたのかわかりやすくしました。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1763.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1763.jpg" alt="1763.jpg" border="0" width="500" height="466" /></a><br /><br /><br />赤で囲った部分の「category」を見て「リアホ」と書いてあれば朝鮮合わせに関する記事なので、その手の記事が嫌いな人は、そっと右上の×ボタンを押して閉じて、次回の更新をお待ちください。<br /><br />クリックすることで記事の全文が読めるようになります。<br /><br /><br /><br /><br />ということでカテゴリの説明でもおさらいしておこう。<br /><strong>■映画</strong><br />滅多に更新されない映画に関するカテゴリーです。<br />ちなみに、大ヒット映画なんかは確実にこのブログでは扱いません。<br /><br /><br /><br /><strong>■ゲーム</strong><br />こちらも滅多に更新されないカテゴリーですね。<br />DEAD SPACE3なんかあげてみようかと思ってます。<br />思ってるんですがスクショとりながらプレイするのが面倒なんです。<br /><br /><br /><br /><strong>■ボケて</strong><br /><a href="http://bokete.jp/user/ossann/boke?sort=all" target="_blank" title="bokete">bokete</a>でボケた自分のボケをひたすらあげています。<br />boketeのページを見ればいくらでも見れるのですが、お題を出したユーザーが退会すると自分のボケも削除されてしまったり、お題が不謹慎だと削除されてしまうことから保管目的でこちらは行っています。<br /><br />主に手抜き更新のときはこれでごまかしてます。<br /><br /><br /><br /><strong>■絵合わせ</strong><br />おそらくこのブログのメイン。<br />メインなんですが、スロットのことで記事を書くと拍手コメントが全然もらえないというジレンマに悩まされる。<br /><br />サブカテゴリとして<br />・サミタ<br />・ななぱち<br />・リアホ<br />とありますが、サミタは退会中、ななぱちはコイン無くてプレイできずという感じなので実質リアホ記事がメインとなります。<br /><br /><br /><strong>■コメントへの返答</strong><br />このブログはコメント欄がないんですが、記事の最後にある拍手ボタンを押すことでコメントができます。<br />そのコメントに対しての返答の記事となります。<br /><br /><br /><strong>■雑記</strong><br />日々思うことだったり、お知らせとかだったりをここに。<br /><br /><br /><br /><br />ということで今後ともよろしくお願いいたします。<br /><br /><br /><br />【次回予告】<br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1764.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1764.jpg" alt="1764.jpg" border="0" width="519" height="382" /></a><br /><br />ハイスクールDxD VS おっさん<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
431

ハードパンチャー

ガタッガタドカガタドカガタガタガタガタガタットットットットットッピシャーントタタタタタタタタタッピシャッピシャッピシャッピシャッ(…ッフゥ)ツタッツタタタタタタタタッドタッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッピシャッピシャッピシャッピシャッピシャッピシャッピシャッピシャットトトトトトトターンピシャットターンピシャッガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ... ガタッ<br />ガタドカガタドカガタガタガタガタガタッ<br />トットットットットッ<br />ピシャーン<br />トタタタタタタタタタッ<br />ピシャッピシャッピシャッピシャッ<br />(…ッフゥ)<br />ツタッ<br />ツタタタタタタタタッドタッ<br />ガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッ<br />ピシャッピシャッピシャッピシャッピシャッピシャッピシャッピシャッ<br />トトトトトト<br />トターン<br />ピシャッ<br />トターン<br />ピシャッ<br />ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ<br />ピッシャーン!<br />ピッシャーン!<br />ピッシャーン!<br />ピッシャーン!<br />ピッシャーン!<br />ピッシャーン!<br />(…ッフゥ)<br /><br /><br />職場のノートPCがリプレースされてからというもの<br />何だかやっすいのに変わったことが原因なのかわからんが、職場のおっさんのキーボードの強打が半端なくなってしまった。<br /><br />強打なことも最初は気が付かなかったが、仕事場のメンバーからクレームを受けたことをきっかけに、気にして聞いていたら確かに、その勢いをクヌギにぶつけたら、カブトムシが降ってきそうな勢いの強打ぶりだった。<br />さすがに周りも苦笑いな強打おじさんなので、もう少しなんとかならないか?と話しをしたら、集中していて気が付かなかった。気を付けるようにすると返事があった。<br /><br />がしかし、結局集中してるからそうなるわけで、すぐにまた元に戻るわけで。<br />めんどくさいが立場上、対応はしないといけないので都度注意するようにしたところ、おっさんもむかついてきたんだろう。<br />PCの設計が悪いから響くだけだと開き直ってしまった。<br /><br /><br />気が付けばクレームいれた当人は「もう言っても変わらないと思うので気にしないようにしています」と大人の対応。<br />しかし、そんなクレームいれてくれたおかげで、今度は私が気になって気になってしょうがなくなる始末。<br /><br /><br />「大丈夫。エンターキーは強打しなくてもいつもあなたのそばにいてくれるから」<br />「一日何局打つんだよ!ってくらい王手だしてますよね」<br />とか言い過ぎたせいかわからんが、バチコンバチコンやるもんであてつけかなんかかと思ったら、<br />とんでもなくお偉いさんの前でもバッチバチとシバキ始め、びっくりして凝視されてるのにも気が付かない様子だったので、これはもうどうしようもないんだろうなと思って私も諦めた。<br /><br /><br />でね、キーボード強打の人って世の中たくさんいるだろうと思ってググってみたら、興味深い記事を書いている人がいたんですね。<br /><br />要約すると、キーボード強打の人は性格に難があって実は大して仕事できてないみたいな感じのことがそこに書かれてたんです。<br /><br /><br />確かに、今までの職場で強打野郎はたくさん見てきた。<br />仕事できないはすべての人には当てはまらないけど、確実に協調性はない人ばかりだった。<br /><br />ではなんで協調性がないのか?と考えると、<br />→強打による周りへの迷惑が見えてない<br /> →他人からどう自分が見られているのか客観的な自己評価が出来てない<br />  →自分の思うがままに動いてしまうので協調性に欠ける<br /><br />あくまでこんなものは自分の推測でしかないけど、そんな自分の推測に納得してしまった。<br /><br /><br />ちなみに仕事ができないってのは、7割くらいは当ってる気がするけど・・・って感じなんですよね。<br />仕事できるできないにつながるかどうかはわからないですが、そんな現職場のおじさんの成果物をチェックし続けた結果、結構面白い傾向にあることもわかりました。<br /><br />バッキバキに強打しながらタイピングしてる時ほど、深く考えてるとは思えない成果物が出てくるんです。<br />単純なミスの連発、それコピペで済むのになんでもう1回同じことタイプしてるの?みたいな単純なものだったり。<br /><br />それで思ったんです。<br />思考しながら強打で、かつ高速タイプなんて人間にはできないんじゃなかろうか?って。<br />それがググって見つけたブログの記事の人の言う、強打の奴は仕事ができないにつながるのでは?と思ったんですね。<br />というのも、プレゼン資料を作ってるときはタイプが静かなんです。<br /><br />興味ひかせるにはどうすればいいのか?とか考えながら作らないといけないものですからね。<br />そうなると必然的に、バチコンバチコン打てるもんじゃないですからね。<br /><br /><br /><br />皆さんの周りに強打野郎はいますでしょうか?<br />もしかしたら、私の周りにいる人のように、強打の時ほど実はたいした仕事してなかったりしないでしょうか?<br /><br /><br />私はその強打のおっさんのことは決して嫌いではありません。<br />嫌いではないですが、強打は嫌いですね。<br /><br />かくいう私も、実は強打野郎です。<br />オフィスに1人きりのときは激しいです。<br />でも、誰かが周りにいるとみられてるという意識があるんでしょうね。強打野郎の部分がなりを潜めてしまいます。<br /><br />とかいって、集中しきってるときは凄かったりするんだろうけど。<br /><br /><br /><br /><br /><br />ちなみに、雑音によって簡単に集中が途切れる人はIQが低い傾向にあるそうです。<br />もし、職場にいる強打野郎に怒りをぶつける機会がいつの日かくるのであれば、まずは強打を無視するくらいの集中力を付けることも必要なのかもしれないですね。<br /><br /><br /><br /><br />※ブログを見やすくなるようデザイン変えようとあれこれしています。<br /> 近い将来劇的に変わるかもしれませんがめんどくさいです。<br /> 
  • Date : 2013-10-11 (Fri)
  • Category :  日常
429

かれこれ1年くらいでしょうか?週4から5くらいのペースでスポーツクラブのプールでスイミングをしています。平日は仕事帰りに。土日は昼過ぎくらいに。土日の昼間はおばさんばっかりで、コースの端っこにセイウチみたいな身体のおばさんがいっぱい溜まってて会話ばかりしてるんですね。最初の方でこそ、うっとうしいなぁと思ってたんですが、もう1年も通ってると顔見知りのおばさんとか会話するおばさんとかも出来るようになってき... <br />かれこれ1年くらいでしょうか?<br />週4から5くらいのペースでスポーツクラブのプールでスイミングをしています。<br /><br />平日は仕事帰りに。<br />土日は昼過ぎくらいに。<br /><br />土日の昼間はおばさんばっかりで、コースの端っこにセイウチみたいな身体のおばさんがいっぱい溜まってて会話ばかりしてるんですね。<br />最初の方でこそ、うっとうしいなぁと思ってたんですが、もう1年も通ってると顔見知りのおばさんとか会話するおばさんとかも出来るようになってきて、他愛のない世間話なんかもするようになったんです。<br /><br />ある日、背泳ぎがうまくいかないみたいな話題で会話してたときに、一人のおばさんが背泳ぎのように腕をまわしたんですね。<br />そしたら、腋毛が「さわっ」ってしてたんですね。<br />なんていうかな、志村けんがコントで描くことがある、ホクロに生えた長い毛みたいな感じのがヒョロって生えてたんです。<br /><br />それ見た瞬間、カイジでいうところの「ざわ・・・」の字体が鋭角なやつが私の頭上に浮かび、一瞬凍りついてしまいました。<br />でもおばさんらは何ら気にせず会話を続けていました。<br /><br /><br />そして今度はとなりのおばさんが腕をまわしました。<br />その瞬間、<br />「見てはいけない!見てはいけないけど一度でいいから見てみたい。女房がへそくり隠すとこ。歌丸です。」<br />みたいな感じで目を背けたいと思いつつもそのおばさんの脇の下を凝視してしまいました。<br /><br />やはりなんか「さわっ・・・」としてました。<br /><br /><br />その後、その場にいたおばさんらが全員背泳ぎのように腕をまわし始め、私は全員の腋の下を凝視してしまったのは言うまでもありません。<br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1761.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1761.jpg" alt="1761.jpg" border="0" width="590" height="570" /></a><br /><br />乳首のポッチというエロスポイントがあるにもかかわらず、腋の下のジョリジョリ感がそのエロスポイントを相殺してしまう。<br /><br />騎乗位してる最中に体位を変えようとして腋の下に手を伸ばしてジョリっとして萎えたと友人が言っていたのを思い出した。<br /><br /><br />でも、女だって腋毛も生えるし鼻毛も生える。<br /><a href="http://homepage2.nifty.com/galu-oita/tantamamajiutadahikaru01.htm" target="_blank" title="宇多田ヒカルのようにヒゲの生える女性">宇多田ヒカルのようにヒゲの生える女性</a>だっている。<br />毛のひとつやふたつで何をガタガタ言っているんだ。<br /><br /><br />そんなことを思っていたら、その日は50往復くらいしてました。<br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2013-10-05 (Sat)
  • Category :  日常
428

パチスロカメレオンが酷過ぎる件について

表題の台を打ってきたんですよ。ほらみてよ。この面構え。シマ単位で入るような顔じゃないでしょ?もう完全にバラエティ班でしょ?ということで、原作レイプで名高いタイヨーエレックの新台、カメレオンを打ってきました。小生はこの原作漫画は何気に全巻読んでたりします。読んでたりしますが、深い思い入れは一つもありません。原作は、千葉県の成田、習志野、松戸、船橋?あたりを舞台にした、見た目のとおりのヤンキー漫画で、... 表題の台を打ってきたんですよ。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7155_1.jpg" target="_blank"><img src="http://images2.p-world.co.jp/_machine/img/p7155_1.jpg"/></a><br />ほらみてよ。この面構え。<br />シマ単位で入るような顔じゃないでしょ?もう完全にバラエティ班でしょ?<br /><br /><br />ということで、原作レイプで名高いタイヨーエレックの新台、カメレオンを打ってきました。<br /><br /><br />小生はこの原作漫画は何気に全巻読んでたりします。<br />読んでたりしますが、深い思い入れは一つもありません。<br /><br />原作は、千葉県の成田、習志野、松戸、船橋?あたりを舞台にした、見た目のとおりのヤンキー漫画で、ジャンプに肉薄する勢いだった90年代半ば?頃にマガジンで連載していました。<br /><br />主人公の矢沢栄作がハッタリと信じられないほどの強運で不良の頂点に立つみたいな感じの漫画で、内容も薄っぺらく、大人になった今思ってみれば、なんでこんな漫画全部読んだんだろうか?という感じでしかなかったりします。<br /><br /><br />でパチスロの中身の話になりますが、通常時、主に駅のホームのベンチで座っている「つだぬま」という駅は千葉県習志野市です。<br />で、千葉県に住んでる人でこの台打てばなんとなくわかると思うんですが、この津田沼はJR総武線ではなく京成線の津田沼をイメージしてます。行先が「成田」になってるし。<br />てか、原作が主に京成線や新京成線沿いを舞台にしてたと思うので。<br /><br />でね、千葉県知らない人に誤解されそうなんで言っときますが、もうあんなヤンキーみたいなのはいません。<br />京成津田沼の駅前に数年前まで住んでましたが、あんなんみたことないです。<br /><br />でもね、原作にもある、電車のドアが開いたら大きなカゴを背負ったおばあさんが正座してお茶飲んでる演出があるんだけどね、これは京成線だと結構見れる光景だったりします。<br /><br /><br /><br /><a href="http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/07/Keisei_Peddler-only_passenger_car_2005-2.jpg" target="_blank"><img src="http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/07/Keisei_Peddler-only_passenger_car_2005-2.jpg" border="0" width="320" height="240"/></a><br />これって、千葉の農家が東京のアメ横(上野)とかに野菜売りに行く<a href="https://www.google.com/search?q=%E4%BA%AC%E6%88%90+%E8%A1%8C%E5%95%86&amp;lr=&amp;hl=ja&amp;source=lnms&amp;tbm=isch&amp;sa=X&amp;ei=zIhJUpOsMs7OkQXz1YDQBQ&amp;ved=0CAcQ_AUoAQ&amp;biw=1252&amp;bih=773&amp;dpr=1#imgdii=_" target="_blank" title="行商人のおばあさん">行商人のおばあさん</a>なんですよね。<br /><br />京成線って、こういうでかい荷物担いだばあさんが時間帯によっては結構見れたりするのね。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />・・・だからなんだって話ですよねまったく。<br /><br /><br /><br /><br /><br />ということでパチスロカメレオンですが、ひどいゴミ台で笑いました。<br /><br />中身はA+ARTタイプで、少なくとも、同じA+ARTタイプの緑ドンのオーロラ何チャラに比べたら5万倍くらい良いと思うのですが、通常時の演出がいかんせんシュール過ぎる上に意味が不明でわけがわかりません。<br />原作無視の世界観には、さすがエレック!と言わざるを得ません。<br /><br /><u><strong>1.シュール過ぎる高確率演出</strong></u><br />荒波に立ち向かう「漢への道」っていう高確率演出があるんですが、こんなの原作にあったか?って感じなんですね。<br />マグロにアルゼンチンバックブリーカー決めるとチャンスゲージみたいなのが一つずつアップするんですが、確かにシュールで見ていて面白いんですよ。<br />アルゼンチン決められたマグロが後ろで横たわってるサマが面白いんですね。<br /><br />でもね、こんなの原作に特になかったような気がするんだよ。<br />別にいいんだけどさ、もっと高確率演出に使えるような場面っていっぱいあったと思うんだけどな。<br /><br /><br /><u><strong>2.ヤンキーに欠かせないものが出てこない</strong></u><br />昨今の「風立ちぬ」の喫煙シーンに抗議した禁煙学会に配慮したのかわからないですが、ヤンキー漫画には切っても切れない喫煙シーンが一つもありません。<br /><br />この漫画でも喫煙シーンは欠かせないものだったと思います。<br />なのに一切出てきません。<br /><br />こういう配慮って必要なんでしょうかね?<br />多分必要なんだろうな・・・とは思いますが。<br /><br /><br /><br /><br /><u><strong>3.特攻服なのにバイクに乗らない<br /></strong></u><br /><br />はいこれ。<br />これにはもう小生は大笑いしました。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1759.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-61.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1759.jpg" alt="1759.jpg" border="0" width="435" height="290" /></a><br />これART中の画面なんですけどね。<br />特攻服なのにバイク乗らないで、夜の街を颯爽とダッシュしてんの。<br /><br />そもそもね、この台のBAR絵柄に書いてある「OZ」って、この主人公を総長とした暴走族なわけですよ。<br />でさ、たしかこの漫画の中期から後期にかけては、この暴走族絡みのストーリーが多かったと思うのよね。<br /><br />それなのにそれなのに。<br />改造車両なんて一切出てこなければさ、暴走族のメンバーたちも皆、特攻服着てるのにバイクにはまたがってないわけですよ。<br /><br />鬼浜なんてバイク乗り回してるのに、なんでこれはダメなんですかね?<br /><br />俺もう、このART見て爆笑してしまったよ。<br />ART中は「走る」っていうのがどの台でもデフォルトの演出だったりするけどさ、暴走族が特攻服着てバイク乗らないで街をダッシュするとかありえないでしょ。<br /><br /><br />誰が決めたかはわからない「ART=走る」という設定を忠実に守ったタイヨーエレックというメーカーは本当にとんでもないメーカーだと思います。<br /><br />あしたのジョー2に続いてカメレオンでも、わざと狙って面白くない台にしているわけですからね。<br />本当に脱帽です。<br />こんなの絶対に、狙ってなければここまでつまらない台にできるわけないですから。<br />面白くない物を作ってやろうという職人魂が伝わってきます。<br /><br /><br />あくまで私の憶測でしかありませんが、きっとこのメーカーの開発陣は、パチスロ業界に恨みを持つ人たちが集まっていると思うんです。<br />父親がギャンブル狂いで家庭崩壊とか、幼い頃に両親に車に置き去りにされることがしばしばあったとか。<br />そういうパチンコパチスロに対する恨みつらみを持った人たちがこの開発に携わったとしか思えないんです。<br /><br /><br />今頃彼らはこんなクソ台を世に送り出して、ほくそえんでいることでしょう。<br /><br />こんな気の長くなるような復讐劇を遂げることが出来てさぞかしせいせいしているのではないでしょうか?<br />そんな彼が狙うのは、間違いなくパチスロ業界の衰退でしょう。<br /><br /><br /><br />・・・という金田一少年の事件簿に出てくる犯人みたいな、気の長くなるような復讐をするような人はいるわけないですね。<br /><br /><br /><br /><br />いやはや、クソ台過ぎて本当に笑ってしまいます。<br /><br /><br />皆さんも、もしホールで見かけたら記念に打ってみてください。<br />すぐに消えると思います。<br /><br /><br />一部の原作ファン以外には、まったくもってうれしくもない台であれば、一部の原作ファンですら別に今更どうでもいいよっていう部類だと思います。<br /><br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop