おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
490

エロサイトのログイン情報を抜かれるの巻

 うおああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!  クソがあああああああああああああああああああああああああああああああああ...  うおああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!<br /> <br /><br /> クソがああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!<br /> <br /><br /><br /> 休会していたエロサイトで、勝手に復帰申請されてて引き落としされてました。<br /> 僕もう恥ずかしくて死にたいです。<br /><br /><br /> あまりに悔しいので、そのエロサイトの画像も動画も片っ端から落として、チンコから赤玉が出るまでシコってやろうと思ったのですが、おっさんの股間を熱くするにはソフト過ぎるエロなので、まったくもって興奮せず<br /> 「数年前の俺は、こんなおパンツの上から縄をスジに食い込ませるようなエロ画像で喜んでいたのか・・・」<br /> と思ったら、なんだかウブなおっさんだったんだなと思って自己嫌悪に陥りました。<br /><br /><br /><br /> ということで、毎晩ワールドカップを観ながら自分のボールで精製される液体を出す仕事に励みたいと思います。<br /><br /><br /> ほんとむかついてくるわ。<br /> 小生を熱くするような顔は小さくて目がクリクリしていてかわいいのに身体はモビルスーツみたいにごっつい若い女のモデルをもっと用意してくれてれば話は別なんですよ。<br /><br /> 私はね、顔小さくて可愛いのに身体はガンダムみたいな女性が好きなんですよ。<br /><br /> そういう意味では、磯山さやかがマックスでブタだった頃が私の理想の女性なんですよ。<br /><br /><br /> もっとそういうモデルを用意したまえ。<br /> セックスしてるはずなのに<br /> 「あれ?もしかして俺、セックスしてるはずなのにボルダリングしてるんじゃね?」<br /> って思えるような、そこらかしこが掴めるような肉体の女性を用意したまえ。<br /><br /><br /> <br /> とりあえずインターネッツの恐ろしさを知りました。<br /> IT業界に従事しているくせに今更ながら知りました。<br /> <br /><br /> 悔しいなほんと。<br /> コイン150枚程度の額だけど悔しいです。<br /> 何が悔しいって、ソフト過ぎてグッと来る画像がひとつもないのが悔しい。<br /><br /><br /> <br /> 
  • Date : 2014-06-24 (Tue)
  • Category :  日常
489

内に秘める情熱を、解放するような感じで踊るんだよ!

 ちょっと今回は活動圏内が都内の人でかつ、局所的な話になるのですがご容赦ください。 ゴードンっていうパチンコ屋さんご存知でしょうか? 仕事にしかりプライベートにしかり、活動圏内や生活圏内にこの店が結構あるんですね。 去年あたりから、店の前にお立ち台みたいなのが設置されてて、そこで店員がずーっと踊り続けてるんです。 「いらっしゃいませー!」 「どうぞー!」 「お客様ご来店でえええええええええええええ...  ちょっと今回は活動圏内が都内の人でかつ、局所的な話になるのですがご容赦ください。<br /><br /><br /> ゴードンっていうパチンコ屋さんご存知でしょうか?<br /><br /> 仕事にしかりプライベートにしかり、活動圏内や生活圏内にこの店が結構あるんですね。<br /><br /> 去年あたりから、店の前にお立ち台みたいなのが設置されてて、そこで店員がずーっと踊り続けてるんです。<br /> 「いらっしゃいませー!」<br /> 「どうぞー!」<br /> 「お客様ご来店でええええええええええええええす!」<br /> とか、どデカイ声上げて。<br /><br /><br /> カツラかぶったり、マスクかぶったりして踊ってるんです。<br /><br /><br /> パチンコ屋から客がどんどんと減る昨今。<br /> こういうアピールをして、少しでも客を呼び寄せたいと思っているのかな?<br /> と思って、遠くから眺めたりしてるんですが、どうも自分はそれを見ていて、どデカイ声で<br /> 「お客様ご来店でええええええす!」<br /> とか言われながら、自動ドアのボタンを押されたら、逆に恥ずかしくて入りづらいじゃないか…って思うんですよね。<br /><br /><br /> で、ちょっと前にとぼとぼと仕事でうまくいかないことが多くてションボリしながらこの店の前を歩いていたら<br /> 「踊っているうちに楽しくなるだろう?内に秘める情熱を、解放するような感じで踊るんだよ!そうしないとお客さんに伝わらないと思うんだよ!」<br /> と新入りの人に熱心に指導する店員の姿がありました。<br /><br /><br /> 正直、その踊りを踊らないのと踊るのとでどれくらい集客率が上がったのかなんて数えてないと思うんです。<br /> パチンコやる奴は、踊ろうが踊るまいが関係なしに来ると思うんです。<br /> こんなことするくらいなら出玉に還元した方が何百倍もマシです。<br /> でも、数年前と違いイベントをうてず、客にアピールできないパチンコ店にとっては、こういうことをしてアピールするほかないと思ってるんでしょうね。<br /><br /> でもね、出てれば客くると思うんですよね。<br /> インターネットで情報はすぐに飛び交う時代なわけですから。<br /> 新規の客層にはアピールできるかもしれないですが、そうでない中毒者みたいな客層には少なくともこういうアピールはいらないと思うんですよね。<br /><br /> ま、新規の客層に興味を持ってもらいたいという意味でやってるんだろうなぁと思いながら、私はその踊りを眺めています。<br /><br /> ここまで否定的な意見ばかり述べてきましたが、「内に秘める情熱を・・・」という言葉に関しては、少しだけションボリしていた自分に何か元気になれるようなヒントをもらえるような気がしました。<br /><br /> <br /> <br /> <br /><hr size="1" /><br /> いつも長文なブログなだけに、これだけで終わらせるのも何か物足りないと思うので、ペチスロ画像でも貼ります。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1937.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1937.jpg" alt="1937.jpg" border="0" width="309" height="410" /></a><br /> まどマギとか大嫌いだったんですが、永井先生の配信を見てて面白そうなのでやってみたところあっさりフリーズ引いてしまいました。<br /> 確率にして1/98304だそうで。<br /><br /> 一撃5600枚でした。<br /> 簡単でしたぁ。(永井風に)<br /><br /> 隣のノビ太くんみたいなのが、これ引いたら俺よりもケツ浮かして露骨に悔しがっててですね、私は予備知識は永井配信のみなだけに、「どうした?ノビ太くん?」って思って、フリーズよりもノビ太くんが気になって気になって仕方がありませんでした。<br /><br /> その後も、ノビ太くんのみならず、ソワソワ房たちがアルティメットバトルが終わるまでソワソワし続けていました。<br /> なんだか打ってる私よりもドキドキしていて面白かったです。<br /> <br /> かくいう私は、「ジム行く前にえらいのひいちゃったな…。営業時間までに行けるかな…。」<br /> なんて思いながら早く終わるのを期待してブン回すも、営業時間にも間に合わず、その日はインストラクターのグラップラー刃牙に出てきそうな身体をしている女子大生の競泳水着は見れませんでした。<br /><br /> 大勝できてうれしかった反面、おっさんはその女子大生のいいケツを見ることが一週間の活力だっただけに、今週は精神的にインポです。<br /><br /> 出続けている最中に、何度か物語が見れるBIGボーナスを引いて、ちょっとだけアニメを観たくなったんですよね。<br /> ネコみたいなキャラがグロっと殺される描写とかもあって、なかなかえげつないアニメなのかな?とも思いました。<br /> この調子なら、BLOOD+Cのスロも出せるんじゃないかな?なんて打ちながら思いました。<br /> <br /> 確実にバラエティ枠でしょうけど。<br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1938.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1938.jpg" alt="1938.jpg" border="0" width="309" height="410" /></a><br /> つづいてアナゴさん。<br /><br /> 「冥王」<br /> なんて出るから、冥王絵柄確定かと思いきや・・・<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1939.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1939.jpg" alt="1939.jpg" border="0" width="309" height="410" /></a><br /> GODでした。<br /> なんなんでしょうか、この矛盾。<br /><br /><br /> いや、この矛盾こそ、ジャッジメントでハーデス潜んでるの確定に違いない!なんて淡い期待をしながら消化するも、犬→犬ときて、焦りながらも最後はちゃんとハーデスが来てくれたんですが、こいつがまた、一度も冥王そろわずの、お前建物壊してまで現れて何しにきたんだよという感じで、さくっと1000枚程度で終了。<br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1940.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1940.jpg" alt="1940.jpg" border="0" width="309" height="410" /></a><br /> イベントの日に、1とは思えないくらい謎当たりを連発するハーデスに着席し、はじめてのV揃い。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1941.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1941.jpg" alt="1941.jpg" border="0" width="309" height="410" /></a><br /> ドーン!<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1942.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1942.jpg" alt="1942.jpg" border="0" width="309" height="410" /></a><br /> ドドドーン!<br /><br /><br /><br /><br /><br /> 未だにハーデスでV揃いはこの一度だけ。<br /> <br /> この日はV揃いから一撃6000枚でしたが、「これは高設定に違いない!」とか確証もないのに期待しすぎて3000枚に減らしてしまいました。<br /><br /><br /> ハーデスって面白いですね。<br /> 過去には、2500枚出した後に全ノマレしてさらに14000円投資していたこともありました。<br /><br /> それでも小生は未だにハーデスではプラス収支。<br /><br /><br /> 最近は1万円投資したら辞めるようにしているんですが、神に愛されているんでしょうね。<br /> だいたい1万円以内で当ります。<br /><br /><br /> その代わり、他の台ではイヤっていうくらい初期投資を強いられる形で帳尻合わされてる感じなんですけどね。<br /><br /><br /><br /> ということでまた。<br /><br /><br /><br /><br />
488

B-MAXをたのしんできました

 どうもこんばんわ。 ウイニングイレブンを買ってしまい、すっかりブログ更新がおっくうになってしまいました。  書こう書こうと思っていつも忘れてしまう、自分のウンコの写メを送ってくる女子高生の話を書こうと思ったんですがそれはまた今度にします。  ということで表題のとおりB-MAXです。 自分のことを懐古主義と思うほど懐古ではないとは思っているが、どうしてもパチスロパチンコに対してはそうならざるを得ないく...  どうもこんばんわ。<br /> ウイニングイレブンを買ってしまい、すっかりブログ更新がおっくうになってしまいました。<br /> <br /> 書こう書こうと思っていつも忘れてしまう、自分のウンコの写メを送ってくる女子高生の話を書こうと思ったんですがそれはまた今度にします。<br /><br /> <br /><br /> ということで表題のとおりB-MAXです。<br /> 自分のことを懐古主義と思うほど懐古ではないとは思っているが、どうしてもパチスロパチンコに対してはそうならざるを得ないくらい、昨今のマシンは面白いとは思えません。<br /><br /> 昔は良かった昔は良かったと、言う人らほど今が全然ダメな姿を見て、<br /> 「ああ、自分はこんな大人にならないようにしないとな・・・。」<br /> なんて、無職の癖に思っていた時代が私にもあったわけですが、いやはや、やはりパチンコパチスロにはそう思わざるを得ない私は、きっとオールドスロッターなんでしょうね。<br /><br /><a href="http://777.nifty.com/cms_image/777/777/bmax2014/machine.jpg" target="_blank"><img src="http://777.nifty.com/cms_image/777/777/bmax2014/machine.jpg" /></a><br /> <br /> ということで、この台をうちました。<br /> オールドスロッターには懐かしの、B-MAXです。<br /><br /> 4号機B-MAXといえば、<br />・新基準機<br />・新基準機だからリプレイはプレイ数にカウントされない<br />・大量獲得機<br />・BIG中はビタハズシ必須<br /> といったワードが連想されると思いますが、この5号機B-MAXは、一番最後の「BIG中はビタハズシ必須」の部分だけに焦点を当てつつ、配列とリーチ目を似たような感じにしたマシンとなっています。<br /><br /><br /> おっさんスロッターとしては、あの当時の記憶がよみがえるのかな?<br /> バイト代全部突っ込んじゃったあの時の記憶がよみがえるのかな?<br /> なんてワクワクしながら、所用を済ませて11時にホールに行きました。<br /><br /> するとどうでしょう。<br /> 誰ひとりとして座っていません。<br /> そして、まったくもって回っていません。<br /> 導入されて初めての土曜日なのに…。<br /><br /> とんでもない地雷マシンなのかな…なんて思いながら着席してひとしきり打ってみました。<br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1930.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1930.jpg" alt="1930.jpg" border="0" width="480" height="240" /></a><br /> 赤7ビタ押し必須なだけに、4号機の時のように2つあったら区別つき辛いだろうという配慮なんでしょうかね?<br /> 5号機B-MAXは左に赤7が一つしかありません。 <br /> で、通常時もこの位置を狙い続けるとチェリーも取りこぼさない上に、このような美しいリーチ目も拝めるので、小生は基本ここをペチペチ狙って打ってました。<br /><br /> B-MAXで一番好きだったリーチ目なんですよねこれ。<br /> 左リール、7リプスイカから挟みうちで右リールにBOMB爆弾BOMB<br /> もれなく、全部の絵柄が違うってのが好きだったんですよ。<br /> これだけで二確。<br /> 4号機の時のようにケツ浮いて、少しだけ10代だったあの頃に戻れた気がしました。<br /> <br /><br /><br /><br /><br /> <a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1931.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1931.jpg" alt="1931.jpg" border="0" width="480" height="240" /></a><br /> でまた似たようなのが。<br /> 何度降臨してきてもウワッ!て思ってしまう。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1932.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1932.jpg" alt="1932.jpg" border="0" width="480" height="240" /></a><br /> この出目から中段リプレイ揃いでも確定ですし、中リールが一コマ上にズレると二確。<br /> 1枚役のスイカを一生懸命狙ってると、B-MAXはこういう出目が拝めるんです。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1933.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1933.jpg" alt="1933.jpg" border="0" width="480" height="240" /></a><br /> これもスイカ狙い中。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1934.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1934.jpg" alt="1934.jpg" border="0" width="480" height="240" /></a><br /> これはスイカ狙うのめんどくさくなって適当に押したら出てきた出目。<br /> どうせ取りこぼしだろうよ・・・なんて思ってたら入ってた。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1935.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1935.jpg" alt="1935.jpg" border="0" width="480" height="240" /></a><br /> ボーナス小V型<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1936.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1936.jpg" alt="1936.jpg" border="0" width="480" height="240" /></a><br /> 適当に打ってたら出てきた型<br /><br /><br /> スイカズレ目とかも拝みたかったのですが見れませんでした。<br /><br /><br /><br /> ということでひとしきり楽しんだわけですが、やはり二番煎じという印象はリバイバルなだけに拭えなくて当然なんですが、この台の印象は「ボーナスがとにかくだるい」に尽きるかと思います。<br /><br /> とりあえずおっさんの所感とはなりますが、良いと思った点と良くなかったと思った点でもあげてこうと思います。<br /><br /><br /><br />【良いと思った点】<br /><u><strong>予告音一切ナシ</strong></u><br /> 通常時、予告音が一切ありません。<br /> 先代もそうだったんですが、これは素直に評価できると思います。<br /> つまり、出目演出だけで勝負する自信があったってことなのかな?なんて思ったり思わなかったり。<br /><br /> 昨今のレバオンの時点でアツい演出がこなければほぼ終わり、あとはリールも見ないでベシベシベシとおやじ打ちして終わりという台と違い、「左にチェリー付の7を狙って。ここに7が止まったら右リールにこれを狙って・・・。」という楽しみ方が出来るということはですね、3本のリールが止まるまでボーナスの期待ができるってことなんですよね。<br /><br /> 1ゲーム60円ですよ。<br /> 毎ゲーム毎ゲーム、ガリガリ君を溶かしてる計算ですよ。<br /> あるいは、ビックリマンチョコ(最近は60円になったんだぜ)を毎回シールごとお菓子も一緒に捨ててる計算ですよ。<br /><br /> やはりそう考えると、最後のストップボタンを押すまでそれなりの期待をさせてほしいですよね。<br /><br /> 昨今のレバオンだけで期待させて、リールはコインを払い出すためだけのものといった感じではなく、ちゃんとリールでボーナス察知させてくれるという点においては、素晴らしいなと思いました。<br /><br /><br />【良くないと思った点】<br /><u><strong>BIGのみならずREG中に至っては毎ゲーム要求してくるビタ押し</strong></u><br /> B-MAXの名前を冠するからにはビタ押し必須と思ったんでしょうけど、4号機B-MAXはREG中まで要求してきませんでした。<br /> ビタ押しができないと、この台は15枚役が8枚役になってしまいます。<br /> それ以外でも目押し不要の15枚も成立することはしばしばあるのですが、運が悪いとビタ押し15枚しか出てこないこともあるので、毎回ビタで取らないといけない。<br /><br /> しかもボーナス比率がBIG:REGでほぼ1:1らしいですからね。<br /> つらいです。<br /><br /><br /><br /><u><strong>BIG中の複雑怪奇なシステム</strong></u><br /> BIG中は複雑怪奇なシステムで、しっかりとボーナス上限までコインを取りきるとRTに入りません。<br /> そのため、ビタ押しで小役をハズしてパンクさせてボーナスを終了させます。<br /> (めんどくさいので細かい説明は割愛)<br /><br /> 4号機B-MAXは玄人向けの台でした。<br /> もしかしたら、この玄人向けの部分も踏襲するために敢てこのような仕組みにしたのでは?なんて思ったり思わなかったり。<br /><br /> <br /><br /> <br /> 総評すると、そりゃ皆座らんわな…というのが率直な感想です。<br /> 元々スロッターの中でもニッチなところを狙ってメーカーもリリースしたと思うので、そりゃそうだろうなとも思うんですけどね。<br /><br /> もっと大衆に迎合するつもりだったら、予告音つけたり、BIGの獲得枚数を5号機の上限448枚にするとかしてたと思うんですよ。<br /> でも、あえてそれをやらなかったあたり、やっぱり古いおっさんスロッター向けの台にしたかったんだろうなと思いました。<br /><br /> <br /> ちなみに、さんざんビタ要求してくるくせにRTの終了条件はチェリー成立なもんで、私は最高100ゲーム以上続きましたが、最低で3ゲームで終わりました。<br /><br /> 100ゲーム続くとこれがまた、<br /> 「エヘッ♪ビタ押し失敗しちゃった♪」 <br /> と笑ってられないくらい増えたりするんですよね。<br /><br /> さすがに4号機B-MAXのビタ失敗で小役ゲーム27ゲーム残して終了とはくらべものにはならないですがけどね。<br /><br /><br /><br /> おそらく寿命はクランキーコレクションに比べると短命でしょう。<br /> 今のうちに打っておきましょう。<br /> <br />  <br />
486

自己愛性人格障害と私 その7(出世争い編 後篇)

 ということで先日の続きになります。 過去のものは以下からどうぞ。 その1 導入編 その2 上司編 その3 同僚編 前篇 その4 同僚編 中編 その5 同僚編 後編 その6 出世争い編 前篇 この正社員のイスを用意するという話を聞いた日の帰りの電車の中で、私は小さい頃にみた、時空戦士スピルバンに似たようなエピソードなかったっけ?と思ってレンタルしました。  まずミッキーカーチスがこんなメイクで、ギ...  ということで先日の続きになります。<br /> 過去のものは以下からどうぞ。<br /><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-476.html" target="_blank" title="その1 導入編">その1 導入編</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-477.html" target="_blank" title="その2 上司編">その2 上司編</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-479.html" target="_blank" title="その3 同僚編">その3 同僚編 前篇</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-480.html" target="_blank" title="その4 同僚編 中編">その4 同僚編 中編</a><br /><a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-482.html" target="_blank" title="その5 同僚編 後編"> その5 同僚編 後編</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-485.html" target="_blank" title="その6 出世争い編 前篇">その6 出世争い編 前篇</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /> この正社員のイスを用意するという話を聞いた日の帰りの電車の中で、私は小さい頃にみた、時空戦士スピルバンに似たようなエピソードなかったっけ?と思ってレンタルしました。<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0006M17MM/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B0006M17MM&linkCode=as2&tag=doko777-22"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B0006M17MM&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=doko777-22" ></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=doko777-22&l=as2&o=9&a=B0006M17MM" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /> <a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1926.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1926.jpg" alt="1926.jpg" border="0" width="414" height="304" /></a><br /> まずミッキーカーチスがこんなメイクで、ギローチン皇帝という役を演じていたことに度胆を抜かれました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4750511293/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4750511293&linkCode=as2&tag=doko777-22"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4750511293&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=doko777-22" ></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=doko777-22&l=as2&o=9&a=4750511293" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /> (参考)現・ミッキーカーチス<br /><br /><br /><br /> <br /> <br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1927.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1927.jpg" alt="1927.jpg" border="0" width="530" height="230" /></a><br /> これを見て、一昔前に話題になった、デーモン小暮のノーメイクのコラを思い出しました。<br /><br /><br /><br /><br /> 余談が過ぎました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /> このギローチン皇帝は、スピルバンと対峙する悪の組織ワーラー帝国の大幹部です。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1928.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1928.jpg" alt="1928.jpg" border="0" width="420" height="300" /></a><br /> 女スパイの部下に「力を貸してくれないか?」と言って相談を持ちかけます。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1929.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-67.fc2.com/s/a/m/samitasamita2/1929.jpg" alt="1929.jpg" border="0" width="420" height="300" /></a><br /> 「ギローチン皇帝の右腕になれる!」<br /> 「がんばらなきゃ!」<br /> なんて健気に頑張るわけですが、ギローチン皇帝に騙されて爆弾がセットになった武器を片手にスピルバンに突っ込んで行くも、あっさり瞬殺されて爆弾と一緒に大爆発して死にます。<br /><br /><br /> 始めからギローチン皇帝は、右腕にするつもりもなく、一緒に爆死させる気だったんですね。<br /><hr size="1" /><br /><br /> 皆さんの会社も、こういうつまらないハメ合いや騙しあいみたいなのあるでしょうか?<br /> やっぱり、人間がたくさん集まっちゃうと仕方ないことなのかな?と私は思っています。<br /><br /> 騙す方が当然悪いですが、私から言わせれば騙されたBさんも、所詮その程度の人間なのかな?と思います。<br /> <br /> 賛辞の言葉を浴びせられた時、額面以上に受け止めてふんぞり返る人っているじゃないですか?<br /> 「俺がいいって言ってるんだ!俺がいいと言うものは皆がいいと言うに決まっている!」<br /> みたいな、そういう俺推しで構わないみたいなジジイとかいません?<br /><br /> 人間、疑いすぎることもよくないですが、ある程度自分を疑うことも必要だと私は思います。<br /> 客観的な自分の評価ができなくなりますからね。<br /><br /> とはいえ、そういう人は、客観的な評価なんてしようとも思わなければ、他人からの評価なんて、賛辞の言葉以外受け止められないってのが大半なんですけどね。<br /><br /><br /> <br /> ちなみに、Jさんは半年後バチが当たってあっさりと降格しました。<br /><br /> もともと能力も乏しく、うまく周りに仕事をさせて、最後のおいしいところだけ食べにきて、手柄を横取りするのだけがうまい人だっただけに、当然と言えば当然なんですけどね。<br /><br /><br /> 冒頭にも書きましたが、Jさんは生まれも育ちもお坊ちゃまです。<br /> 実は、自己愛の人の特徴の一つで、比較的裕福な家庭に育ってきたものの、両親からの愛情と冷たい社会とのギャップに苦しんで、自己愛になってしまう人っていうのも結構多いようです。<br /><br /> 家族に「○○は出来る子だ!」「○○は一番賢い!」とか言われ続けて育つとそんなになっちゃうのかもしれないですね。<br /><br /><br /> Jさんは、<br /> 「はじめに俺は、一目置くべき人間だとわからせるために、ガツンと言ってやるのが俺のやり方だ」<br /> と言っており、数々の人が洗礼を受ける姿を見てきました。<br /><br /> でも、Jさんはディベートするにも、理論がわがままなお坊ちゃまの屁理屈っていう感じで、<br /> 「ぼくが言っていることは、裏をとらなくなって全部正しいにきまっているの!」<br /> っていう感じで、根拠を並べず稚拙な議論にいつも行き着いてしまうので、賢い相手の場合は、ボッコボコにかえされていました。<br /><br /> そして、自分の思い通りに動いてくれない相手に対しては、手駒を使って悪口を社内に蔓延させるというつまらない作戦で仕返しをしていました。<br /><br /> 過去に書いてきたHさんもIさんもそうですが、明らかに自分にとって敵わない相手だと、いやらしいくらいまでにしたでに出るくせに、ある程度手の届きそうな位置にいる敵いそうな相手なら、俺の方が上だ!とストレートに言わないまでも、そういう言動をとっていました。<br /> このJさんの「ガツンと言う」というのもまさにそれですよね。<br /> <br /> 別に出来る人間なら、そんなこと言わなくたって自分の能力を認めさせられる場面なんてこれから先、いくらでもあるわけですから。<br /> <br /> <br /> 結局、こういうことをするせいで、いつもJさんは案件開始と同時に敵を作る上に、あまり賢い議論ができない人という認識を持たれていました。<br /> それでもJさんは、そんなのどこふく風。<br /> 自己愛の人にとって、そういうアピールをしないことは死んだも同然なんでしょう。<br /><br /> <br /><br /> 次回は、会社以外のことでも少し書きたいと思います。<br /><br /><br />【次回以降の記事】<br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-487.html" target="_blank" title="その8 おっさん編">その8 おっさん編</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-493.html" target="_blank" title="その9  自己愛の人に好かれてみよう">その9 自己愛の人に好かれてみよう</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-498.html" target="_blank" title="その10 インターネッツと自己愛">その10 インターネッツと自己愛</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-502.html" target="_blank" title="その11 おわり">その11 おわり</a><br /><br />
485

自己愛性人格障害と私 その6(出世争い編 前篇)

 ということで、今日は職場の人たちが自己愛の人の陰謀に巻き込まれて、毎週生み出されては殺されていく戦隊ものの怪人のように消されていった出来事でも書いていこうと思います。 過去のは以下からどうぞ。 その1 導入編 その2 上司編 その3 同僚編 前篇 その4 同僚編 中編 その5 同僚編 後編 皆さんは、映画のアウトレイジ観たことあるでしょうか? ビートたけしの映画なんてセリフ少なくて暴力ばっかり!...  ということで、今日は職場の人たちが自己愛の人の陰謀に巻き込まれて、毎週生み出されては殺されていく戦隊ものの怪人のように消されていった出来事でも書いていこうと思います。<br /><br /> 過去のは以下からどうぞ。<br /><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-476.html" target="_blank" title="その1 導入編">その1 導入編</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-477.html" target="_blank" title="その2 上司編">その2 上司編</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-479.html" target="_blank" title="その3 同僚編">その3 同僚編 前篇</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-480.html" target="_blank" title="その4 同僚編 中編">その4 同僚編 中編</a><br /><a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-482.html" target="_blank" title="その5 同僚編 後編"> その5 同僚編 後編</a><br /><br /><br /><br /> 皆さんは、映画のアウトレイジ観たことあるでしょうか?<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003ZSH2PA/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B003ZSH2PA&linkCode=as2&tag=doko777-22"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B003ZSH2PA&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=doko777-22" ></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=doko777-22&l=as2&o=9&a=B003ZSH2PA" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AM5VG2E/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00AM5VG2E&linkCode=as2&tag=doko777-22"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00AM5VG2E&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=doko777-22" ></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=doko777-22&l=as2&o=9&a=B00AM5VG2E" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br /> ビートたけしの映画なんてセリフ少なくて暴力ばっかり!<br /> なんて先入観持って嫌がってみない人も自分の周りに多かったりするんですが、この映画は単なるヤクザ映画でもなければ、ビートたけしの映画によくあるバイオレンス映画って感じじゃないんですよね。<br /> <br /> 過去のたけし作品に比べると、暴力描写よりも、汚い人間のハメ合いや騙しあいの部分ばかりが印象に残りました。<br /> まるでたけしは、どこかの会社で何年かサラリーマンでもやってきたんじゃないか?っていうくらい、組織の中のギスギスした出世争いや派閥争いを見てきたんじゃないかな?なんて思ったり。<br /><br /> とはいえ、拷問だったり殺し方だったりは凝ってる感じがして、相変わらずバイオレンスな部分もあるんですけどね。<br /> <br /> そんなアウトレイジの世界のような、出世レースの中での騙し騙されな世界って、大企業なら当然ありますし、そこそこ大きい会社なんかでも往々にしてあることだったりします。<br /><br /> 大企業なら、派閥があってそのトップの人間が他の派閥に負けたら、派閥に所属する人たちが丸ごと紐づいているグループ会社へ天下り、そこで幹部のイスに派閥ごと座る。<br /> 天下られた会社に勤める人たちは、結局いつまでたっても高い地位を得られないまま、天下ってきた人たちにこき使われるか、さらに下のグループ会社の幹部のイスに座る。<br /> 大きな企業だったら往々にしてある話なんですよね。<br /><br /><br /> まぁ今回書くのは、そんな規模の大きい話ではなく、単純に昇進するしないのレベルの出世レースの話だったりするんですけどね。<br /><hr size="1" /><br /> Jさんはお坊ちゃまで、いい高校を出て、いい大学を出て、日本有数の企業を経て、その会社にやってきました。<br /> <br /> ことあるごとにそういった過去の肩書きをさりげなくひけらかしては、<br /> 「お前らよりも、生まれも能力もお前らよりも上」というのをハッキリとした言葉にはしないものの、何となく遠回しに言っては周りの人間を見下すような人でした。<br /> <br /> それだけの肩書きがあるのなら、さぞかし聡明な方なのだろうと思って最初は接していたのですが、どうも仕事のことで話がかみあわないことがしばしば。<br /> そんな折、打ち合わせの場で<br /> 「あなたの資料には自分にしか理解できない専門用語が多すぎる!素人でも理解できるような言葉に置き換えろ!」<br /> と怒り出して打ち合わせをほっぽりだしてかえってしまいました。<br /><br /> 私は単純に、わからないから怒っているのではなくて、素人相手でも伝わるような資料を作ることが大事だというのを指摘してくれたんだろうと思っていたのですが、同席していたJさんの同僚のAさんが<br /> 「あいつバカだよね。自分のことを素人って認めたのと同じじゃんね。気にしなくていいよ。自分がバカで理解できないことを認めたくないから、あなたのせいにしただけだから。」<br /> と、すぐにフォローをしてくれました。<br /><br /> AさんはJさんとは違い、生まれも学歴もエリート街道まっしぐらというわけではないものの、Jさんと比べると明らかに能力が上の方でした。<br /> この二人は根本的にここまで歩んできた生き方が違うせいか犬猿の仲で、ことあるごとに衝突をしていました。<br /><br /><br /> そして、しょっちゅう衝突するAさんが邪魔に思えたのか、Jさんはある日、私に対してこのようなことを言ってきました。<br /><br /> 「もうあなたはAさんの能力を超えていると思う。Aさんが中心に回している案件に参画してAさんから仕事を奪ってみないか?」<br /><br /> お世辞にも、キャリアの乏しい私がAさんの仕事を奪うのは無理な上に、そもそも奪うことによる大義もない。<br /> キャリアの乏しい自分がそのようなことをして、会社に損失を与えたら責任なんて負えるわけがないと言い、Jさんの申し出をサラっと断り、おかしなことに巻き込まれないように注意しようと思いました。<br /><br /><br /><br /> そしてその日から、自分が管理する案件に従事する派遣会社の人たちの行動がおかしくなってきました。<br /><br /> いつもなら指示どおりに忠実に仕事をこなすBさんが、なぜかスムーズに動かない。<br /> 終いにはまったく言うことを聞かず、契約にないJさんの持つ案件に携わる等、自分の案件に影響が出始めました。<br /><br /> 悩んでいたある日、Bさんと同じ派遣のCさんが、Jさんがおかしな話を持ちかけてきて困っていると相談にきました。<br /><br /> 話の内容は、私がJさんにされた内容と同じで、その標的を私に変えただけのものでした。<br /> 「もうCさんは、○○さん(私)の能力を超えていると思う。○○さんから仕事を奪ってみないか?」<br /> というものでした。<br /><br /> しかし、ここで恐ろしかったのが<br /> 「これで○○さんから仕事を奪えたら、派遣ではなく正社員として迎えることを考えてもいい。」<br /> ということを付け足していたことでした。<br /><br /> すぐにCさんに、Jさんにその権限はないこと。そして口車に乗せられても何の得もないので乗らないでくれと伝えました。<br /> 何となくこの流れで、Bさんも口車に乗せられたんだろうと確信しました。<br /> <br /> Bさんは、煽てると簡単に乗ってしまうオジさんで、おそらくそこをJさんに付け込まれたんだろうと思いました。<br />  <br /> 後日、Jさんにそれとなく探りをいれても、知らぬ存ぜぬで知らん顔。<br /> Bさんは、私に敵対心を露わにするのはおろか、Aさんにまで敵対心を向け始めました。<br /> Aさんのおかしな噂話が社内に蔓延すると、大抵Bさんが出所でした。<br /> <br /> 問いただしても、事実を言って何が悪いといった感じで聞く耳も持ってもらえませんでした。<br /> <br /> 仕事の打ち合わせをしようにも、揚げ足取りに躍起になるBさん。<br /> 次第に、何をやってもJさんが許してくれると思ったらしく、態度が増長しはじめ、Jさん以外の指示は一切聞かなくなってしまい、他の人たちからも、まったく仕事をしないで周りに押し付けるようになってしまったので何とかしてもらえないか?という相談が相次ぎました。<br /><br /> 当人を呼び出して話をしても、Jさんの影をチラつかせて脅しをかけてきたり、話題を変えてもAさんの悪口ばかりで、考えをただすことはもう無理だと判断しました。<br /><br /> ここまで腐っちゃったんだったら、もう契約打ち切ってもいいだろうと思い、バッサリとBさんとの契約を打ち切りました。<br /><br /><br /> 「俺がこのプロジェクトから抜けたら絶対に仕事は回らない!後悔するぞ!」<br /> と、Bさんから打ち切りを言い渡した時にボロッカスに言われました。<br /> 上司からは、「お前あの人に刺されたりしないか?かなりやばかったぞ。」などと心配もされました。<br /> <br /> 常軌を逸したブチギレぶりに、さすがに私も引きました。<br /> そりゃそうです。正社員のイスが用意されてたのに私が奪ったわけですから。<br /><br /> Bさんはその後も、Jさんや他の人たちに連絡を取って再契約をするようにお願いをしていたようですが、Jさんにとって捨て駒の一人だったんでしょう。<br /> 聞く耳持たずで、Bさんは皆の記憶からいつしか忘れ去られていきました。<br /><br /> そしてまた数か月後、似たような形で派遣社員の人が似たような口車に乗せられて新たな刺客として仕向けられてきましたが、今度は同僚たちに疎外されてしまい、自主的に退職しました。<br /><br /> こんなことを3回くらい繰り返したところでJさんは昇任。<br /><br /> するとどうでしょう。<br /> Aさんや私に対しても、心に余裕ができたのか、明るい態度で接してくるようになりました。<br /> 「昇任したら、仕事が増えて大変で大変で」<br /> と幸せそうな笑みを浮かべていました。<br /><br /> <br /> 世の中、こうやっていたずらに他人の人生を踏みにじってまでのし上がる人はいます。<br /><br /><br /> 自己愛性人格障害の人は、他人の立場や気持ちを理解できません。<br /> また、他人は自分にとって利用価値があるかどうかで判断されます。<br /><br /> 他人の痛みがわかれば、他人を捨て駒にしないですし、正社員のイスを用意するなんて人参ぶら下げるようなことなんて言えるわけがないですから。<br /><br /> <br /><br /><br /><br /><br /><br /> 長くなっちゃったので、一旦切ります。<br /> 続きは、今週中にアップします。<br /><br /><br /><br /><br />【次回以降の記事】<br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-486.html" target="_blank" title="その7 出世争い編 後編">その7 出世争い編 後編</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-487.html" target="_blank" title="その8 おっさん編">その8 おっさん編</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-493.html" target="_blank" title="その9  自己愛の人に好かれてみよう">その9 自己愛の人に好かれてみよう</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-498.html" target="_blank" title="その10 インターネッツと自己愛">その10 インターネッツと自己愛</a><br /> <a href="http://samitasamita2.blog38.fc2.com/blog-entry-502.html" target="_blank" title="その11 おわり">その11 おわり</a><br />
    Return to Pagetop