おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
174

害悪はパチンコ業界のリーディングカンパニーです

パチンコホール倒産、ピークの3分の1に 震災でも顧客マインド衰えず

帝国データバンクは、2001~2011年のパチンコホール経営業者の倒産(負債額1000万円以上、法的整理のみ)を集計し、その動向を分析した結果を1月26日、明らかにした。

 2011年におけるパチンコホール経営業者の倒産(負債額1,000万円以上、法的整理のみ)は22件で、調査を行った過去10年間で最も少ない数字となった(2002年と同値)。ピークである2007年、2008年は各72件で、これと比べると、3分の1以下の倒産件数となっている。

 負債総額は49億400万円となり、前年の208億3,900万円(28件)と比べると、76.5%の大幅減少。4年連続の前年比減少となっており、負債総額も過去10年で最小となった。

 パチンコホール経営業者の倒産件数が激減した理由について、帝国データバンクは、パチンコホールの淘汰が一巡したことや、節電による大ホールの休業が中小ホールへの送客に貢献したことなどをあげる。

 また、ホール経営業者は新台購入台数や広告宣伝費を抑えることで出費を控え、資金繰りに余裕を持たせることにより、経営を安定化させているという。さらに、震災以降もユーザーの顧客マインドは落ち込まず、倒産件数が低水準で推移したとの見方を示した。

 淘汰の時代を乗り越えたパチンコ業界の陰では、根強いパチンコ人気があることがうかがえる。


(加藤 秀行 、 簗瀬 七海)



yahooニュースのトップにあったのを引っ張ってきました。

特筆すべきは、この記事よりもコメント欄だったりするわけですが、ヤフコメ民はどうも日本人独特の右に倣え主義と嫉妬と妬み丸出しの、さぞかし人生面白くないんだろうなみたいな書き込みで、見ていてとても不快になるので基本見ないようにしているんですけどね。
やはり世間はどうみているのか気になるので見てしまったり。
そしたらありきたりな意見ばかりで残念でした。

ま、パチンコやらない人の方が多く閲覧するような場所にのっければ、こんなコメントばかりになるのは当然なんですけどね。

それにしてもヤフコメは廃止してもらいたい。
右に倣えはまだいいとして、成功者に対しての嫉妬や妬みみたいなコメントを見ていると嫌気がさしてくる。
なんていうかな、ヤフコメって日本人の醜さが凝縮されたコンテンツって感じがしてならない。


話がそれました。本題に入ります。
倒産の2007年と2008年がピークということだそうで。
これはもう何となく伺えますよね。
2007年といえば4号機撤去で5号機に完全移行した年。

ほんとね、なんでこんなことしたんでしょうか。。。
私の好きなホールはこの業界大粛清?の時にお亡くなりになられました。
荒川沖センター、牛久センター、あと店の名前忘れたけど栃木のリバティベルあったとことか。

てか、みなし機撤去があろうとなかろうと、どうせいつかは潰れそうな勢いだったんですけどね。


とまぁここ10年で倒産件数が少なくなったということですが、こういった小さいホールってのは2007年を境にどんどん潰れてますよね。
私のよくいくホール2店舗は、どちらも関東に10店舗程度構えてるチェーン店。
老夫婦が営むようなパチンコ屋さんなんてのは、もうこのご時世無いもんなのかもしれません。

民家の台所にある小窓が換金所だったりとか、敷地内にある食堂とかボーリング場のレジが換金所とかさ。
もうそういうのは地方とかにも無いものなんでしょうか・・・。


また、ホール経営業者は新台購入台数や広告宣伝費を抑えることで出費を控え、資金繰りに余裕を持たせることにより、経営を安定化させているという。

これは、昨年末の番長北斗ラッシュ見てると一概にそうかな?って思うけど、でも昔と比べて1シマをドーンとその機種にするのってへりましたからね。
下手したらさ、バラエティに1台しかいれてないのに「新装開店!」とか広告出したりさ。
もっと酷いのは実家の近所の害悪。
番長が2台しかないの。北斗に至っては3台。
ほっとんどが、去年やその前の年に出た台とか、あるいは他店ではとっくに外されてるような台ばかり。
ここまで出費を抑えることを徹底した経営ぶりには感服しましたね。
ちゃんと5台以上置いてるのなんてジャグラーしかないし・・・。

ていうか、害悪ってさ出さないことに命かけてるというかメダル出させないことに必死ですよね。
コイン投入口のゴトが発覚すれば、いち早く投入口に珍妙な形のプラスチックくっつけてみたり。

めっちゃくちゃ必死じゃないですか?
正攻法でろくにメダル出ないのに。
4号機の北斗にやたらとそのプラスチックくっつけてて可笑しくてしょうがなかった。

なんていうかな、まったくもって気もないぶっさいくな女に
「私に気があるから見てた!」
とか妙なことを言われてクラスで噂たてられてしまうようなあの感覚。

別にこっちは、ガッラガラの害悪なんかでゴトしたら目立ってしまうのにも関わらず、あからさまに
「私対策してます!スカートの下はちゃんとブルマ履いてます!」
みたいなあの自意識過剰さ。

誰もお前のパンツもブルマも見たくないんじゃみたいなさ。
なんていうか、害悪にはそれに通ずる何かがある。


パチンコ屋さんはさ、台もさることながら人件費カットもここ数年は目に見えてわかるくらいやってるよね。
コイン自動補給じゃない店なんてさ、呼び出しボタン押してるのになっかなか来ないホールばっかりになったもの。

その点、10数年以上も前から害悪系列に通っていた私には態勢が出来ています。
害悪は昔からホールを回る店員の数が圧倒的に少なく、呼び出しボタンを押してもなかなか店員が来ません。
当然自動補給にできる設備投資もないため、AT全盛期の頃なんて何かの間違いで爆発してしまったらもう大変です。

そうやって私は待たされることに対しての免疫というものが出来ました。
今では何分待たされようが補給してもらえれば会釈すら出来るくらいの心の余裕もできました。
「あ、店員さん全然気が付いてないや。外でジュースを買いに行こう」
これくらいの機転が利くくらいになったのもすべて害悪のおかげです。

ここまで思えるようになると、もう害悪はパチンコホールとは呼べなくなります。
おそらく精神鍛錬を行うための場なのではないか?と私は思っています。
あるいは、勝ち負けを度外視し、回っている絵柄を止めないと禁断症状が出てしまうような末期の人が行くような場所なんじゃないでしょうか?

害悪はパチンコ業界のリーディングカンパニーです。
他のホールではようやく最近になって取り組み始めた、人件費の削減や少ない台数を導入しての新装開店など、10年前から取り組んでいるわけですからね。
私の地元では、少なくともデルソル2が出た頃だから99年とか2000年とかか?
その頃には、4台だけ導入して「新装開店!」とかチラシ入れてましたからね。

近い将来、トイレにカメラ設置なんてのも他ホールがやりだしたら、それを最初にやったホールはガイアであることをみなさん憶えておいてください。
リーディングカンパニーは、業界のトレンドを先取りしているんです。



スポンサーサイト
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。