おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
177

コンチの進化に、ともちんの進化を見た

私は本当に人がいい。
自分で言うのも何だが、本当に人がいい。


他人の悪い部分を見つけて嫌いになることは簡単。
だったら自分は、どんな相手であれ好きになれる部分を探して、簡単に嫌いになんてならないようにしたい。


1021.jpg

それくらい好きになれる要素がありませんでした。



今日はこいつを打ったんです。

1022.jpg
PVを見たら、歴代シリーズのいいとこばっかりの遺伝子を受け継いで進化したマシン!みたいに謳っていておっさんは期待しまくりでした。
この進化は例えるなら、ともちんと同じだなと思ったんです。



1026.jpg

コンチネンタル
1990年に登場。CS-90だか忘れたけどそれのおかげで4枚入れセット打法だか可能になっちゃったマシン。
メーカーぐるみで裏モノ作ってるのが発覚してミズホはあえなく発売禁止処分にされる。


1027.jpg
ともちんで例えるならこんな感じ。(ver1.0)







1028.jpg
コンチネンタル2
2って言ってるのに、実はコンチ3よりも後に発売されたマシン。
設定1の機械割が史上最低の80%





1029.jpg
ともちんで例えるならこんな感じ。(ver2.0)

余談だけど、この画像は何度みてもRGに似ているように見えて笑えてしまう。




1031.jpg
コンチネンタル3
集中役のセブンラッシュ搭載マシン。
設定1から6までBIGとREGの確率は同じ。
違いがあるのは集中の確率と確か15枚チェリーの確率だった気がする。(ちょっと記憶があいまい)

ちなみに、設定1の集中突入確率は3600分の1・・・




1032.jpg
ともちんで例えるとこんな感じ。(ver3.0)







1033.jpg
コンチ4X
これをコンチネンタルシリーズに括るのって違うと思うんですよ私も。
仲間内では、「このリンゴはコンチじゃねえ、Mr.DOのリンゴじゃねえか!」って異論を唱える人も居たぐらいです。

単純に、メーカーがコンチの名を冠して売り出すことでセールスにテコ入れしたかったのでは?なんて勝手に思っています。



1034.jpg
ともちんに例えるならこんな感じ。(ver4.0)





1035.jpg
コンチネンタルV

コンチ3を彷彿させるARTにコンチ4Xを彷彿させる上乗せなど、歴代のいいとこ取りをしたはずのマシン。
正直なところ、スタート音とストップ音だけがコンチで面影はありません。






1036.jpg
ともちんに例えるならこんな感じ。(ver5.0)

切開法による二重まぶた、涙袋の上乗せ、福本伸行に整形してもらったのかと思わせるほどのアゴの尖り具合。
きっとともちんも、カイジが好きに違いないっ...!
ともちんもまたVer1.0の頃の面影がありません。





余談が過ぎました。
結構期待してたんですよ。
液晶ナシでリールとフラッシュだけで魅せようとする、90年代末期のアルゼのお家芸を彷彿させるゲーム性。
さらにコンチネンタルの名を冠している。
それだけで期待十分なわけじゃないですか?


しかし、結果は見るも無残な3万負け。
しかも午前中で。
勝ち負けと面白さは別だと思うのですが、こればっかりは何も面白いと思えるものがありませんでした。


リーマンショックの影響による雇用状況が冷えこみも、少しずつ回復傾向にある昨今でありながらも、昇給しないのは当り前、ボーナスもろくに出ないのも当り前。
そんなサラリーマンにはつらい世の中で、こうもあっさりと3万円という大金をたかだか2時間でペロッと使ってしまう自分のバチ当たり加減に、私は泣きたくなりました。
さらに何も面白くもないこんなものに。。。と思ったら余計に泣きたくなりました。


何なんでしょうか本当に。
10時過ぎにリアホ行って、コンチVが空いていたのですぐに座って、あれ?あれ?なんかおかしいぞ?と思いながらも投資した結果、達成感もクソも感じないこの感覚。

デート誘って、食事行って、デズニー行ってメインディッシュにラブホテルいってパンツ降ろしたら、オリモノどっさりで萎えてしまった若かりしあの頃の感覚に非常に近かった。


遠い昔のコンチネンタルというブランドを、もしかしたら私は知らず知らず時間が流れるうちに美化しすぎたのかもしれない。
そりゃ相手だって人間だもの。メシだって食うしウンコだってする。そりゃ当然オリモノだって降りるわけでパンツだって汚れるさ。


シミひとつないパンツなんて無いように、コンチネンタルにだってつまらないと思う要素があって当然。
がしかし、コンチVに関しては面白いと思える要素がほっとんど見当たらなかった。

所感を挙げれば
予告音の長さで期待度が変わる。これはちょっと良いアイデアだと思った。
→長ければ長いほど、箱7とか3連チェとか、中段リンゴとか。

・ガセフラッシュが派手で慣れるまで戸惑う。
→とにかく派手なんだわ。ただのはずれでも。

・リーチ目が昔のアルゼっぽい。
→トリテンはずれとか、中段ボーナス絵柄テンパイとか。でもね、結局予告音ありきだから、突然リーチ目出てきてケツが浮くようなことっていうのは無い。

・アツいゾーンが短い
→ボーナス終了後20ゲームとか、箱7とか中段リンゴとかチェリーとかで高確率ゾーンに行くのですが、そこ以外アツい箇所が見当たらなかった。(2時間しか打って無いのでよくわからないですけどね。)

・とにかく退屈
→俺、液晶なんて見てないし演出もガンガン飛ばす人なんだけどさ、初めてだよ。液晶がほしい!って思ったの。
 それくらい退屈。なんていうかな、数ゲームに渡って期待を煽るような演出が中段リンゴやら箱7揃った後の逆回転演出や予告音の連続くらいなもんでさ他にないんですよ。しかもそれが、中段リンゴや箱7揃っても滅多に出ない。
 じゃあ今度は、それが出たからアツイのか?って言われると普通にハズレる。
 
 気が付いたら数ゲームに渡って期待を煽る演出が嫌いだったはずなんですが、気が付いたらそれを欲している自分がいました。




という感じで残念づくしのコンチネンタルV。
歴代シリーズからここまで変わってしまうのも時代の流れなのかもしれないですね。

ともちんが進化するようにコンチネンタルもまた進化します。
次は数年後にきっと、コンチネンタル6がお目見えすることでしょう。
そのときには、きっとともちんも進化するはずです。
もしかしたら、今度はチャームポイントの八重歯どころか歯を全部抜歯して福本マンガさながらの歯並びにしてしまうかもしれません。


1037.jpg
ここまで同じ形なことこそ、正気の沙汰とは思えません。
是非とも次のカイジは藤原竜也ではなくともちんで撮ってほしい。


ちなみに私はともちんが大好きです。
よく、「でも整形だからなぁ~。。。」なんて言う輩が多いですが、私から言わせれば整形の何が悪いのか?と思うんです。
高い金払って美しくなりたいという思いを叶えることのどこが悪いのかと思うんです。


むしろこの進化はプロ意識の表れだと私は思っています。
私はともちんを見て、俺も彼女のようにもっと自分の仕事に対してプロ意識を持たないといけないなと勉強させられました。
マエアツがAKBのドラマ担当なら、ともちんはAKBのマイケルジャクソン担当でいいじゃないですか。


こんな夜中に眠いのにブログなんて書くものじゃありませんね。
余談が過ぎまくって何が言いたいのかわからない記事になってしまいました。

要はコンチの進化とともちんの進化は同義ということが伝えたかったんだと思います。



ということでここまで読んでくれた方、長文かつ稚拙な内容で大変恐縮でした。


スポンサーサイト
Return to Pagetop