おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
341

【映画レビュー】デビルマン

先日までそこそこどうでもいい話題を振りまいていた小林幸子と、現在激しくどうでもいい話題を振りまいている富永愛さんが出演している屈指のクソ映画「デビルマン」を紹介。

富永愛って、なんか草なぎとかロバートの馬場ちゃんに似てるというか同類な顔だよね。
あるいは豆腐。


ということで今更このブログで、最悪だなんだとあれこれ書く必要なんてないですが、うっかりGW中に掃除しながら見入ってしまったので。




デビルマン / 日本 2004年


<メインキャストを食ってしまった端役>
富永愛(変な衣装だから)
ボブサップ(世界の破滅をこの人の一言で済ましてしまったから)
船木誠勝(背中にパンチ一発食らっただけで死んじゃったから)
KONISHIKI(デーモン万歳!)
小林幸子(誰得?)
鳥肌実(主演の双子に爪の垢を煎じて飲ませたいほどの素晴らしい演技)


<この映画のポイント>
焦りが感じるくらい、説明じみたセリフの多い映画です。
あげくには、世界の破滅をニュースキャスターのボブサップの説明だけで終わらせてしまいました。
1つの挿絵もないだけで・・・。

それだけならまだしも、肝心なシーンが結構ありません。
それはもはや行間を読める読めないのレベルを超越しています。
飛ばし過ぎです。
そんな感じなので120分の中でやれることを無理矢理凝縮してるなぁなんて思ったり。
じゃあこれを前篇と後篇に分けたとしたら・・・。
なんて考えたら末恐ろしい・・・。


不動明と飛鳥了の演者は双子の子なんですが、この子たちの演技がとにかく酷いです。
セリフは棒読み。バトルシーンの吹き替えの声は、ただのうめき声です。
中学生や高校生の頃に自分の部屋でCDを聴きながら歌を歌いたいんだけど家族に聴かれると恥ずかしいから、小声だけど少し気持ちを込めて歌っていた経験のある人ならわかると思います。
バトルシーンの吹き替えの声はあんな感じです。


そんな感じな上に、これまたド素人の富永さんとバトルしたりするんですが、これまた見てられません。

うっ
んっ
だああっ
ああっ

こんな掛け声みたいなセリフすら棒読みです。



どこかで見かけた「金をかけた学芸会」という例えは言いえて妙だなと思いました。



<ネットで知ったこぼれ話>
・これ撮った監督は直後に急逝。
・主演の双子(アキラと了)は初演技で初主演。
・主演の双子の子、撮影中は監督やらなんやらに叱られてしょっちゅう泣いていたとのこと。
 なんだかそれがわからなくもない感じで、顔がむくんでいるシーンがいくつかあります。
・富永さん、役どころの衣装にクレームを入れて変更させまくり、ようやく説得して今回の衣装に落ち着いたとのこと。
・製作費10億円 興行収入5億円



ということで以下はネタばれ。
とやかく言うくらいなら観てもらう方が全然早いんですけどね


突っ込みどころはほぼ全部なのですが、特に気になった部分だけ。


1197.jpg
デーモンになっちゃったので殺してほしいと懇願する了と明が揉み合うシーン。
セリフだけでなく動きのぎこちなさにも注目です。






1198.jpg
唐突に現れて「勇者アモンが復活した!」とか嬉しそうな悲鳴をあげるものの
その数秒後に「違う!アモンじゃない!いやだああ!殺せ!」
とか叫びながらデビルマンに襲いかかるも、あっさり殺されるユッケみたいなデーモン。

何の説明もなく、どこからともなく現れたと思えば、アモンが何ぞやとかもまったくわかりません。

細かいことを気にする人、わからないことがあると癇癪を起こすような人は、開始15分にしてデーモンに乗り移られたかのように爆発すると思います。




1199.jpg
チクショウ。テキガホシイ。タタカイタイ。
棒読みで本当にそう思ってるとは到底思えない明のもとに。。。





1200.jpg
富永さんことシレーヌ登場。
お前が生まれた場所に行けば、おまえがアモンだったことを思い出すみたいなことを言って連れ出します。

ちなみに明役の人もシレーヌさんも演技初挑戦。
観ているこちら側にも、そのそのたどたどしい演技ぶりに緊張が走ります。






1201.jpg
どうでもいいんですが、シレーヌさんが飛び立った後のこのシーン。
不自然なまでに羽が落ちています。
ちょっとお話しただけで、ここまで羽が抜けるのはさすがに不自然すぎやしませんかね?






1202.jpg

サンバカーニバルみたいな衣装で面白いです。
それにしては少し露出が少ないですけどね。。。




1203.jpg
こんなに草なぎくん顔なんだから
「裸で何が悪い!」
とか叫びながら襲いかかるとかしてくれたら、この映画はほんの少しだけ評価上がったと思うんだけどな。





1204.jpg
質の低いアイコラみたいな変身。







1205.jpg
コントとしか思えない、デーモン皆殺しのシーン。

わらわらと外に出てきてガンガン射殺されます。
面白いのが、人間と一緒にヒーローショーとかで使われそうな怪物の人形も一緒に出てきてバカスカ撃たれて殺されます。
このシーンは最高にシュールです。




1206.jpg
「デーモン万歳!」と叫んでマシンガンでハチの巣にされるKONISHIKIさん。



img_591991_12664482_0.jpg
通れないくらいの隙間だったら蜂の巣にされなかったのに・・・と思ったら気の毒でなりません。






1207.jpg
デーモンになってアシュラマンみたいになるボブサップ。
こいつはもう海外でもボブタップと揶揄されるくらい格闘家としての評価は落としましたよね。







ということで、映画デビルマンのどうでもいいところばかりピックアップしてみました。

まさに時間とお金の無駄と言える内容です。
是非とも、ゲームしながら、エロサイト見ながら、ご飯食べながらといった「●●しながら」で御鑑賞ください。
スポンサーサイト
  • Date : 2012-05-16 (Wed)
  • Category :  カス
Return to Pagetop