おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
345

金持ち父さん貧乏父さんとネズミ講 -その2-

先日の続きです。



皆さんはこの本を御存知か?



この本が別に悪いってわけじゃないんだけどさ。
この本はネズミ講やる人にとってバイブルみたいな本なんだよね。
職場でこれ食い入るように読んでる人、これをいい本と言って勧めてくる人は少し注意して接した方がいい。

※ この本 = ネズミ講 ってことではないのであしからず。



先日は蒸発してしまった友人の例を書いたのですが、本日はその本を愛読書としている人から私が勧誘された例でも書きたいと思います。


久しぶりに古い友人から連絡が来て突然会って話がしたいだなんて言われて行ってみれば、ネズミ講の勧誘だった。

こんなのよくある話だったりするんですよね。
あるいは、全然親しくもなければ話もしたことも無い。
もっと酷いのは、同じクラスになったこともないような人から連絡とかね。

私の場合はそこまで遠いのは無いのですが、まぁ会って話をすれば中身のない話を目をキラキラ輝かせて言ってくるわけですよ。
ただそれって、全部うまくいった場合の話であって失敗した時の話が一切ない。
リスクを何も考えてないんですよね。

そこで私が
「いやいや、うまくいかないことだってあるだろうになんでそういうことが言い切れるの?」
と質問すると、
「少しの努力で絶対に成功する」
と言い切ってくる。

「じゃあその少しの努力ってのは何なの?」
と聞けば、
「幸せを掴むために熱意を持つこと」
だのと漠然としたことしか言わない。

それでもしつこく食い下がると、
「失敗をすることを考えているから失敗する。成功することだけ考えれば成功する!」
と先ほどまでの根性論を超越したことを言い出す始末。
そこで、
「いやいや、リスクってのは大人なんだから考えるでしょう。。。」
と返せば、
「失敗をすることを考えているから失敗する。成功することだけ考えれば成功する!」
に戻ってしまった。


「努力が確実に報われる世の中なら、生活保護者なんて今より全然少ないと思うんだよね。」
と自分でもうまいこと言った!とか思ったけど
「努力や熱意が足りないからそうなったんだと思う」
で返された。


結局、最終的に
「ごめんね。家訓でさ、見えないものを信用するくらいなら自分とお金を信用しろって言われてるんだよね。」
と言ってみたら、心が貧しい人間だと返された。
イラっとくる返答だけど、しつこい勧誘を振り切るのならそれで結構だった。


でも実際、これって本当にうちの両親に言われてきたりしているんですよね。
ほんと、一見すると心の貧しい銭ゲバファミリーじゃねえかと思うんですが、わけのわからない宗教に全財産没収されたり、ネズミ講に財産を費やすくらいなら、確かに自分とお金を信用した方がいいと思うんですよ。


成績は私なんかよりも全然優秀で、私のようにキャンパス内で科学のにおいを吸引して脳みそに穴があいているような人がたくさんいる大学ではなくて、それなりの大学を出たはずだったんですけどね。
気がつけば、アメリカの偉い学者と何チャラ大学の教授の研究によって生み出されたサプリメントを売るのに必死になっていました。
「そうなんだ。俺はカロリーメイトで全然いいと思うんだけどね。これ高いよ」
と返したら、わかってないなぁみたいな笑みを浮かべて、目をキラキラさせながら丁寧に説明してくれました。

いまは何売ってるんだか知らないですけどね。


ああ、もしかしたら今頃宇宙のコロニーで生活しているかもしれないですね。
数年後にはこの会社でコロニーがどうのとか言ってた気がする。
老後はそこで仲良くネズミ同士で生活するとか言ってたな。







そういう感じで健康食品の勧誘ならまだしも、何か宗教がかってるのとプラスして、おかしな石を売りつけようとする人ってのも昔いた。職場の人だったのですが、
「自分が感じる幸せってのを皆で話し合って発表しあってさ、皆で共感しあうんだよ。それって素晴らしいことだと思わないかい?月に2回セミナーをやっていてさ。会費が。。。」
みたいな。

でまた、この勧誘する人が仕事は全然できないしサボってばかりいる人だった。
なのにこういう話をさせると、目をキラキラさせて講釈しはじめて、結局仕事をしない。
会社では寝てるか幸せの話をしてるかどっちかだったんですけどね。

周りの幸せはお前が黙って仕事をすることなんだよって言ってやりたかったのですが、残念なことに課長だったので、辞めるその日まで言えませんでした。




昔、マネーの虎で高橋がなりが言ってたんですね。
「悪意のない泥棒が一番タチ悪い」
って。

目をキラキラさせて中身のない話をしてくるあたり、悪意は無いんだろうなと思ったんです。
友人にしかりその課長にしかり。
確かにタチは悪かったです。
ああ、なんかもう洗脳されてるんだなみたいなそういう感じ。
何言っても聞こえてない感じ。



世の中には、大なり小なり競争があって勝ち負けがある。
誰かが笑えば誰かが泣く。

今自分がやっている仕事。
コンペで勝ったからやっている仕事。
コンペで負けた会社はやれなかった仕事。

今自分が客に売った商品。
客が自分の店を選んだから売ることができた。
選ばれなかった店は売れなかった。

今自分が売っているパチスロ台。
自分が打って10万勝ちできた。
さっきまでクソハマリさせた人は10万負けた。

こういうのと一緒くたにしてしまえばネズミ講も同じかもしれないけど、自己顕示欲が強い人でも無い限り出来ることなら自分の笑顔の裏で誰かが泣くってのは避けたいですよね。

そういう意味ではネズミ講って確実に誰かが泣く仕組みだと思うから、俺は絶対に許せない。












この頃のロバートは面白かった。
こういう勧誘されたことあるだけに、秋山の観察力には脱帽ですね。
スポンサーサイト
Return to Pagetop