おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
356

聖子ちゃんみたいにビビビときちゃったのよ

ツイッターで、「フェイスブックで子供と一緒に写ってる元彼女を発見。とても悲しい。」みたいなツイートをリツイートしてる方が居たんですね。


これはきっと、ちょうど先週フェイスブックでメシウマツイートをしていた私に対して、慰めのツイートをしろという意味でリツイートしてるのかな?と思ったんですよ。


なので、そんなツイートをしている彼を慰めるべきか慰めないべきか悩んだんですが、フォローしあってる仲でも無い人に見ず知らずの入歯研究生のおっさんが

果報は寝て待てというように今はブクマに入れて毎日虎視眈々とウォッチしていなさい。

離婚とか不幸が訪れたその時にしらじらしく

「大変そうだね!僕は結婚して家も買って毎日が幸せだよ!」

とメッセージを送るのです。

そうすればきっとあなたのアカウントは彼女の基本データを見ることができなくなるでしょう。



みたいなことをツイートするのもいかがなもんかと思ったので諦めました。


まぁ、まさに先週私がこれをやってブロックされたんですけどね。






フェイスブックで友達の友達の友達くらいに行ったらですね、昔の彼女を発見したわけですよ。

でもなんか、旧姓に戻っていておかしいなと思ったんですね。

したっけ、なんか関心ごとみたいな欄に法律事務所とか法律関連のことばっかりズラズラ並んでてですね、

「うっわ、これ絶対離婚したんじゃね?」

とか思ったら遠くの方から

「ご飯がご飯がススム君っ♪」

みたいな声が聞こえてきたんですね。



気が弱い私は急いで自宅前のコンビニでストロングゼロのロング缶を2本購入して、颯爽と浴びるように飲み、続きを読むだけ読んで、酒の勢いに任せて上記のようなメッセージを送ったんです。



するとどうでしょう。
さっきまで見えていたページが見えなくなっちゃったんですね。



その時、心の中にあった一つのしこりみたいなものがスッとなくなったんですね。
理由はよくわからないですが、なんだか勝ったような気がしました。


さすが、自称、人としての器が茶碗の裏側級である私です。
目玉の親父の一人もくつろげません。
親父が手ぬぐいで前を隠してモジモジしている姿が目に浮かびます。




でもね、全然それでいいと思ってるんです。

人としての器が茶碗の裏側級と思われたっていいんです。


だってね、その女に
「別に好きな人ができて、今二股かけてて聖子ちゃんみたいにそっちにビビビってきちゃったの。だから別れてよ」
って言われて捨てられたんですね。





その日、私は泣きながらNS-1で走り回りました。

盗んだバイクではないですが、心の中では盗んだバイクで走りだしていました。

当然、行く先もわからぬままでした。





その後、ビビビと来た男にピュピュピュと出されて妊娠して結婚したというのを風の噂で聞いていました。




そして顔本で10数年ぶりに再開した先週、後ろ向きな書き込みと法律事務所と法律関連のリンクがたくさんあったので思わずメシウマでした。






器の小ささを露呈するようなメッセージを送っておきながらも、清々しいまでの爽快感。

そして、何か一つ自分の中に区切りがついた気になりました。





フェイスブックは原則、本名で登録するのがルールです。


ミーハーな友人の名前を入れて検索すると大体ヒットします。


「あー、なんだ同級生と結婚したのか。」


「あー、この子に告白したけどふられちゃったなぁ。」


「あー、彼の家のトイレ借りようと思ってチャイム押してたのになかなか出てきてもらえなくて結局玄関でうんこもらしちゃったんだよなぁ。」


「あー、今では2児のお母さんか。男のアナル舐めるの大好きだったのに。」


「あー、次は3人目産むのか。おろしたパンツがオリモノどっさりだったのに。」


「あー、クンニしてたらトイレットペ(自粛)」



話題が下衆くなってきました。




私はあまり、リアルの友人とはオンラインで繋がりたくないんですね。



この歳にもなると、古い友人と会う機会というのは年に1回くらいなもんになってくるわけですよ。
それをね、ネットでデイリーとは言わずウィークリーでも動向をウォッチするとね、年に1回の会合での話題が減ってしまう気がしてならないんです。
それに、サプライズ的なことを自宅のモニタの中で一人で知るよりも、皆のいる場で聞いた方が全然面白いと思うんですよね。
一人で聞いてニヤつくよりも、皆で聞いて共有できる方が私は好きなんで。


ゆえに私は、古い友人とネットでは繋がらないように意識してたり。


でも少しだけ懐かしい友人を見つけて思わず繋がりたいなんて思ったのですが、
やはり上記のような理由から、楽しみ減らしたくないなぁなんて思ったので
私にとっての顔本はあくまでビジネス用途。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop