おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
358

【映画レビュー】ウィッカーマン

どうもどうもこんばんわ。


今日も誰も観ないような映画をレビューしたいと思います。



ウィッカーマン/イギリス 1973年


この作品は下品です。
下品って言ってもピンクフラミンゴみたいな品の無い感じではないんですけどね。

サスペンス映画なんで、ひたすら薄暗いんですよ。
そのシリアスな雰囲気がすっごい怖いんですが、時折突拍子もない品の無い設定を放り込んでくるので、同じく品の無い私も思わずニヤッとしてしまいました。


ということでいつものようにあらすじはウィキから抜粋です。めんどくさいので。


スコットランド・ハイランド地方西部の警察に勤める中年の巡査部長ニール・ハウイー(ウッドウォード)は、ヘブリディーズ諸島のサマーアイルという孤島で行方不明になった少女ローワン・モリソンを探してほしいという匿名の手紙を受け取る。

ハウイーが飛行艇で向かった先で見たものは、島の領主サマーアイル卿(リー)のもとでキリスト教の普及以前のケルト的ペイガニズムが復活していた風景だった。島民は農業に励む普通の生活を送っているが、宗教生活や性生活だけは他のイギリス人と異なっていた。彼らは生まれ変わりを信じ、太陽を信仰し、子供たちに生殖と豊作を願うための性的なまじないを教え、大人たちは裸で性的な儀式に参加していた。

ハウイーは非常に厳格なキリスト教を信仰しているため、これらの風習に衝撃と嫌悪を隠せなかった。宿では、あるじの娘のウィロー(エクランド)が艶かしい踊りと歌でハウイーを誘惑し、彼を困らせる。
「五月祭」の近づく中、島民は準備や儀式に忙しく、彼の捜査は進まない。教師や役人も含め、島民は「ローワンという少女はここにはいない、最近死んだばかりだ」と口をそろえる。

ハウイーは島の権力者であるサマーアイル卿のもとへゆくが、そこで彼はサマーアイル島の物語を聞かされる。サマーアイル卿の祖父の世代、凶作が続いたためにみんなでキリスト教を捨てて古代の宗教儀式に戻ったところ島は豊かになり、リンゴの名産地になれたという。

ハウイーは次第に、少女は人身御供として殺されたか、あるいはこれから殺されるのでは、との疑念を抱くようになる。やがてローワンの墓を暴くと中には野兎しか入っていなかったこと、ローワンが昨年の感謝祭の主役であったこと、凶作の年の五月祭は生贄が供えられることを知り、今年のリンゴの凶作のために去年の感謝祭の主役だった少女が五月祭で殺されることを確信する。

飛行艇の故障で応援の呼べないハウイーは、少女を救うべく、五月祭の主役である愚者パンチを演じる予定の宿のあるじを昏倒させ、自らがパンチの扮装をしてサマーアイル卿が先導する五月祭の行進に紛れ込む。ハウイーを含めた島民の行進は、町外れの海辺の丘に立つ、柳の枝で出来た巨大な「ウィッカーマン」の像へと向かう。




前半部分にある「裸」とか「性生活」ってところがアレなんですよ。
失笑するようなシーンが盛りだくさんなんです。

島の人がみんな下品なんですね。
そこらじゅうで青カンしてるわ、あらすじにもある宿屋の娘が裸で歌いながら珍妙なダンスを踊ってきたり、学校では女の子が授業で嬉しそうに「男根です!」とか手をあげて答えてたり。

薄暗くて奇妙で不気味なんだけど、どいつもこいつも下品。
そんな島民とは完全に対極に位置している主人公。
この主人公がまた、これでもかというくらい信仰にあつく、正義感が強くて真面目な人なんですね。
んなもんだから、行方不明の少女の捜査に協力的じゃない島民への態度にもイライラしつつ、そこらじゅうでスケベなことしてたり、スケベな教育してたり、スケベな儀式してたりする島民が憎たらしくて憎たらしくてどうしようもない様が話が進むにつれてジワジワと出てくる感じがしました。



ちなみに、2006年頃にニコラス・ケイジを主演にしたリメイク版も制作されました。
これが何とも愚かしいことに、こういった下品な要素を取っ払い、この島の奇異な宗教性を焦点にしたサスペンス映画にしてしまいました。

するとどうでしょう。なんかあまり面白くない映画になっちゃったんですよね。

まあオリジナルを見ていて結末を知っていたからということもあるのかもしれないですが、不気味さというのもなりをひそめてしまい、「なんだかなぁ。。。」という印象しか残りませんでした。





ということで以下、歯抜けな感じでネタばれ














1446.jpg

ちょっと今回は字幕がポイントなので画像大き目で。









1447.jpg

スケベそうな金髪美女登場。
こいつが宿屋の娘。










1448.jpg

酒盛りして歌をうたって盛り上がる島民。
冒頭からお下劣な歌。








1449.jpg

お下劣な歌がイヤになって外へ出た警部。
そしたら、外では原っぱで若者がフリーセックスw
※画像では分かり辛いけど、あちらこちらに居るのはみんな人間。









1450.jpg

イヤになっちゃって他に目を移したら、なんなんでしょう?
死んだ夫の墓?に裸でまたがる女性がw


随分昔に、死んだ女が好き過ぎて骨壷にアレを突っ込んでオナヌーするっていう漫画だか何だかを見たんだがそれを思い出した。(タイトルは忘れちゃった。)










1451.jpg

島民のあまりの下劣さに、熱心なキリスト教信者の主人公は葛藤をおぼえます。









1452.jpg

警部の隣の部屋から宿屋の娘がいやらしい歌をうたいながら壁をゴンゴン叩くわ。。。










1453.jpg

体を叩いてホホホイダンスのような珍妙な踊りで、隣の部屋にいる警部を誘惑してきます。










1454.jpg

「うっわ。。。めっちゃ隣の部屋いきてえ・・・」
みたいな警部。


この煩悩と戦うシーンは結構見ものです。












1455.jpg

あくる日、捜査のために島の学校へ。
学校でもやっぱりお下劣教育w







1456.jpg

ちんぽ大好きw











1457.jpg

島民あげて、ちんこネタ大好き












1458.jpg

で、結構間を飛ばして最終シーン。




1459.jpg

実は警部は童貞でした。





1460.jpg

童貞なので生贄にされて焼かれちゃいました。









前回紹介したウォータームーンと同様なカルト臭漂う映画というか、カルト集団そのものの映画なんでカルト映画ですねこれ。


スプラッターとかホラーとかその類じゃないんだけども、全編にわたって漂う不気味さがこの映画の良さなのかな?と思っています。
特に、ラストのシーンの家畜の悲鳴とかトラウマになりますねこれ。
それを島民が民謡みてえなの歌いながら笑いながら囲んで大合唱してるんですよ。
お下劣な数々のシーンよりも、私はこのシーンが一番印象に残ってたり。


んで、冒頭にも書いた通りで、ニコラスケイジのリメイク版はどうもこういう不気味さがないんですよね。
あるっちゃぁあるんだけども、なんていうかな、このオリジナル版は例えるなら竹中直人の「笑いながら怒る男」のような、楽しさや明るさの裏にある影みたいなものが不気味さを増しているんですが、どうもリメイク版はサスペンス仕立てな部分で、その奇妙な感じが見えないというか何というか。

この映画の不気味さを増幅させていたエロの部分が全然ないってのがね。。。


私がオススメするのは家族や恋人と観れるようなものは一切ありません。
一人で年末年始を過ごす方は是非どうぞ。


















スポンサーサイト
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。