おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
376

オンラインで気軽にエロを購入できるネット社会の是非を問う

今年は会社を辞めて近所の適当な会社に生活水準をあまりさげることなく転職する布石を作るべく、先ずは異業種の資格をたくさん取るために勉強しようと心に誓ってサミタをやめたわけですが、ここにきて本職の仕事の方がやばくなってしまいました。


いやぁ、今年は悪い方悪い方にことが流れてしまい嫌になってしまいます。


今月中旬に受けた資格試験もいきなりダメそうな兆しで滅入ってます。
ていうかね、会場が女子大となるとトイレも女子用しかないわけですよ。
もうね、そういう会場とそういうシチュエーションの時点で妙な興奮をしてしまって試験とか集中できないわけですよ。

合法的に女子トイレでおっさんがウンコできるとか考えたらおかしくなるでしょう。
もう試験のことよりもトイレでウンコすることばかり考えるでしょう。
「こんなチャンス、もしかしたらこれからさき一生ないかもしれない!一生に一度だ!女子大でウンコできるの!」
とか試験中に考えてしまった時点でもうダメですよね。
計算問題なんか興奮して解けません。
マークシートもボケっとしてたら「ウ」ばかり選択してしまう自分が居ました。

試験も適当に終わらせ、トイレに駆け込み、
「こんな経験二度とできねえウヒョホホホオー」みたいにノリノリになって音姫を連打してブリブリウンコして帰宅です。


で、帰りの電車で思ったんです。
「俺、何しに今日一日時間潰したんだろう。」って。
その日の帰宅の途はとても長いものでした。
そしてなかなかの、ロング賢者タイムでした。
なので、もう会場は女子大はやめてもらいたい・・・。


なんて私が言っても会場決めるのは主催者ですからね。仕方ないんですけどね。




とまぁこういう感じであまり物事がうまくいっていないおっさん。
ていうかね、おっさんは生業にしてるけどITなんて大嫌いなんです。
世の中、全部糸電話になればいいと思ってます。
無論、インターネットなんて要りません。
皆やめてくれるんだったら私だってやめます。
でも皆やめてくれないでしょ?
だから私もやめられないんです。


ていうかね、インターネットで手軽にエロが手に入るこんな世の中はどうかしてると思うんですよ。

私が小さい頃はエロっていうのは勇気のある者にしか手が届かないものでした。
勇気を振り絞って握りしめたペンギンクラブを裏にしてレジに持って行ったのに、底意地の悪い店員がわざわざ表に返してきた経験なんて皆さんあると思うんです。
別にペンギンクラブじゃないてもいいんですよ、アップル通信でも熱烈投稿でもビデオボーイでもなんでも。


ゆとりゆとり言うけれどね、私はこういう部分もねゆとり世代はゆとりだと思うんですよ。
所謂エロゆとりですよね。


僕はね、そういった楽してエロを手に入れるゆとり世代、いや、今の世の中が許せないんですね。
アマゾンでローション買って、近所のローソンに届けてもらってとかさ、俺はそういうの悪だと思うんだよ。
もっとエロを手に入れるのに苦労するべきだと思うんですね。


なのでおっさんは大人のグッズは近所のゲーム屋さん兼大人のおもちゃ屋さんで購入するんです。


皆さんの街にもありませんかね?
店の表向きは中古ゲーム屋なのに、奥の暖簾をくぐると大人のおもちゃ屋さんという全年代の遊び心をカバーしてくれる素敵なお店が。

どこの田舎町でもあると思うんですよ、そういうお店。

私の街にも無論あるわけですが、レジこそ子供用と大人用の二つに別れているんですが、お店の入り口は一つだけだし店舗も狭いし、あげくには大人コーナーで店員を呼ぶ際には呼び鈴を鳴らさないといけないシステムになっており、この呼び鈴がこれまた子供フロアにも鳴り響くシステムになってるんですね。

こんななら、もう分ける必要もないんじゃないか?って思うんです。
さっきまで、そこのXBOX360コーナーでゲーム見てたおっさんが、暖簾をくぐって呼び鈴を鳴らしたって子供にはバレてるわけですから。
これじゃ、「別に俺ゲーム見たついでに大人コーナーきただけなんだからね。」というさりげないアピールも台無しです。
買う気もないのに、10円とかで売られてるプレステの古いゲームを手に取った意味もありません。
興味もないのにクラッシュバンデグーのケースの裏面をマジマジと見ていた意味もありません。


でもさ、こういう恥を忍ぶ姿勢って大事だと思うんです。
世の中手軽にエロが手に入り過ぎです。
こんなの子供の教育に良いわけがない。
簡単にエロが手に入ると思うなよと俺は言いたい。

昔のエロ本の女がいかにブスだったかも言いたい。

今は簡単にかわいい子がスケベ媒体に出過ぎてけしからん。
昔のエロ本は、伝染るんですのカワウソくんみたいな顔したブスが相場だったわけですよ。
明らかに20歳はゆうに超えてると思われるのに16歳とかデカデカと書かれるそのギャップに興奮するわけですよ。
それを今は右も左もなんだかかわいい子ばかり。
それでいてネットで簡単に手に入るわけですからね。
ペーパーレス化を訴える社会の波は、このようなエロ業界にまで押し寄せている。
そう思わざるを得ないなと思いました。


がしかし、2年前にこのようなことがありました。
当時ジョギングを趣味にしていたんですが、橋の下を走っていたらエロ本が大量に捨ててあったんですね。
すっごい嬉しくて思わず足を止めて近づこうとしたら、明らかに犬のものではない糞がその周りやエロ本の上やらに大量に落ちてたんで触ることはできなかったんですが、なんだか嬉しさにも似た懐かしさをおぼえました。

「まだまだエロ本は現役なんだ。そしてまだまだこうやって処分に困って川や森に捨てる人がいるんだ。」
そう思ったら、足の疲れもすっかり忘れ自宅まで猛ダッシュする自分がいました。
まだまだ捨てたもんじゃない。
今日もどこかの成人コーナーにエロ本は並んでいます。
たまには、紙媒体のエロ本を買うのも風情があっていいのではないでしょうか?



私ですか?


買うわけないじゃないですか。



スポンサーサイト
  • Date : 2013-02-25 (Mon)
  • Category :  日常
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。