おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
476

自己愛性人格障害と私 その1(しばらく真面目な記事でもかいてみます)

 昨年度は、仕事におけるステークホルダ(利害関係者)が増えたおかげで人間関係に悩まされ振り回される1年でした。
 正直、昔は3日に1回のペースで更新していた当ブログも、週1にならざる得ないのはこういった部分なのかな?とも思うのですが、それは嘘ですごめんなさい。本当は先日引退したモガベーのハイスクールDxDに熱中していたからなのが原因だったりします。




 とまぁそんな中間管理職な私なんですが、上を見れば自分の上司に、お得意さんのお客さん企業。さらにはそのお客さん企業が相手するエンドユーザー。下を見れば、部下に下請けの会社の人といった感じで、何だか様々な立場の人と触れ合ってきました。


 どんな難ありな人でも、とりあえず形にして仕事をしてくれるということで、私は何かとおかしな人材をぶつけられるのですが、昨年度は本当に疲れてしまいロクに寝れなくなることもしばしば。
 イライラし過ぎて何か仕事を忘れたいという一心で筋トレに没頭し、妖怪ぬりかべみたいな身体になってしまいました。
 
 例えば、その「おかしな人材」なんてのは、
 ・ADHDのおっさん
 ・まったく人の意見が聞けない自己顕示欲丸出しのおっさん
 ・昨晩枕元にお化けが出てきて「会社に行くな」って言ってきたので寝れなくて寝坊しましたと言ってくるメンヘラの女の子

 といった感じなんですが、そんな人材ですら自分にとっては、すべらない話を提供してくれる存在であったり、自分自身の考え方の幅を広げさせてくれる貴重な存在だったりと思えるので、言うほど悩むこともなかったりするんです。






 例えばADHDのおっさんからは、自分の仕事の指示の仕方がいかに未熟だったのかというのがよくわかり、非常に勉強になりました。
 
 そのおっさんは、木を見て森を見ずならぬ、木を見ず森を見てパニックを起こして何をしていいのかわからなくなって、結果としてわけのわからないことを始めることが度々ありました。







 言うなれば、ガンダムを作れと言われて、いきなり完成したガンダムが頭に浮かんでしまい
「脚はどうすればいいんだ?」
「腕はどういう材質を使えばいいんだ?」
「ビームサーベルはどこに発注すればいいんだ?」
 と、やるべきことがどんどん浮かんでパニックを起こし、一つずつ順序立てて計画して仕事をするということがすっぽぬけてわけがわからなくなってしまい、結果として出来上がったのが、動かないハロだったみたいな感じになるんですよね。
 

 なので、最初から森を見せないで木だけ見せる。
 つまり、ガンダムと言わずに脚の部分だけ作らせるような仕事のさせ方をすると、パニックを起こさずに普通の人と変わらない成果を上げてくれるように変わりました。
 

 こうやって仕事の指示をすれば、別にADHDの人も世間であーだこーだ言われるほど社会不適合なモンでもないしそんなに問題じゃないなと思えるようになりました。
 ・仕事上どういうポストに置くか?
 ・どれだけ仕事を細分化して指示するか?
ってのが鍵なんだなというのが大変勉強になりました。
 
 今ではバカだの使えないだの言う前に、いかにして機能する人材に変えるかが自分の仕事なんだと認識させてくれたこの人に感謝しています。
 

 

 




 んでもって次に、「まったく人の意見が聞けない自己顕示欲丸出しのおっさん」
  

 男なら誰でも歳を取って、ある程度、長生きして経験を積んでくると自分の仕事に対してプライドみたいなのが出て来て、自ずと自己顕示欲みたいなのが強くなるもんだと思うんです。


 こういうおっさんって、どの職場にもいますよね?
 自分にはお前らよりも長く生きていて経験を積んでいるという自負がある。
 故にお前ら若輩者の言うことなんて聞かなくてもわかっている。
 みたいな態度を取るおっさん。


 んでもって、自分を大きく見せるために威勢のいい発言をしたり、俺は出来るみたいなアピールを周りに対して声を大にして言うんだけど、大したことは全然できなければ、むしろなんだか全然理解してないみたいな行動をとってしまうんですよね。
 

 そういう態度や発言のおかげで周りからは疎ましくも思われてるにも関わらず、それにまったく気が付かないで
「今日も俺がこの職場の仕事をまわしているのだ!」
 みたいな自信で満ち溢れているがゆえに、余計にまわりからウザがられことが大半だと思うんですが、私は別にこういうおっさんは嫌いじゃないんです。


 そういう人ほどプライドをくすぐるような発言をすると、自分を大きく見せようとしていつもの倍以上努力したりするので。


 例えば「この仕事は○○さんじゃないと出来ないなぁ。○○さんはこういうの得意ですよねぇ?」
 なんて誰もやりたがらない仕事を振る前に言うと、
 「よし!俺に任せろ!」
 と言わんばかりに張り切ってその仕事を引き受けてくれたりするんで。



 こういう人って、煽てるといくらでも仕事をするんですよね。


 「俺は出来る人間だから仕方ないなぁ。」
 なんて満面の笑みをうかべながら嬉しそうに仕事をしてくれます。

 
 なので、皆さんの周りにもこういう人が居て嫌いと思うくらいなら、
「私はバカで仕事が出来ないので仕事をお願いしたい。」
 とか適当なこと言って仕事を振ってみましょう。
 今まで鬱陶しいだけの存在だったあの人も、あなたにとって面倒くさい仕事を喜んで引き受けてくれる頼れる存在に変わると思います。

 そうすれば、自己顕示欲丸出しの自慢話なんかも、
「しょうがないから聞いてやるか。」
 くらいに思える心の余裕が出てくると思うんですよね。

 
 ていうか、こういう自己顕示欲が強いおっさんは、会社や世間からの自分の評価が乏しいことを自覚しているが故に誇張してでも、出来る男アピールをしているんです。 
 だって、本当に認められてる人っていちいち、自分の功績を言葉にして口にして、さらに大きな声で発言したりする必要もないじゃないですか?

 
 あなたのツイッターのフォロワーにもいませんか?そういう人。
 こういう、周りはバカだの同僚はクズだの、上司はどうしようもないヤツだのとボヤいてる人いませんか?

 人間誰しも、不平や不満もあるし愚痴の一つもこぼしたくなると思うので、そういうツイートがあっても然るべきだと思うのですが、こういうツイートを毎日毎日している人を見ると最初は
 「愚痴ってるな・・・」
 程度の認識だったのが気が付けば、
 「この人会社で全然認められてないんだな。本当はこいつに問題あるんじゃねえのかな?」
 なんて思えるようになったりしますよね。

 
 そういう人にかぎって、「会社のくだらない飲み会になんて行きたくない。金のムダ。時間のムダ。」
 とか飲み会直前までツイートしていて、飲み会終わったら
 「楽しかった。ほろ酔いなう。」
 とかツイートするんですよね。

 
 そういうのを見ると、ああ、きっとその飲み会の場で自分を認めてくれる仲間がいて幸せな時間を過ごせたんだろうな…なんて思えて、他人事ながら心がほっこりしてしまったりするんですけどね。
 人間誰だって、一人で家で呑むジャックダニエルよりも、大勢で楽しく会話をしながら飲むJINROの方が美味いと思うんで。










 ということで本題からだいぶ反れてしまいました。


 問題は、今回の記事の表題の「自己愛性人格障害」の人なんですよね。


 自己愛の人は、正直なところ接していて思考の過程等は聞いていて大変勉強にはなるんですが、接していて本当に疲れるし、周りの人間に対して害しか与えないことが多いため、非常に悩ませてくれる人なんですよね。


 特に昨今では、日本人の8人に1人は自己愛性人格障害者であるなんて言われているようです。
 さらに言うと、現代の若者は、承認欲求が強い人が非常に多いようです。


 ADHDの人やら、自己顕示欲が強い人、さらにお化けが見えて遅刻しちゃう子なんてのは、仕事のチームにおいて生かせると思うポジションを探して配置してあげれば、それなりの結果は出してくれると思うんですが、この自己愛性人格障害の人に関してはそれとはまた別で、非常に厄介で且つ、仕事場のやる気を削いでくれたりとロクなことをしません。


 「自己愛性人格障害」
 でググると面白いくらいブログが出てきます。
 それくらい、世の中にこの病気の人が溢れているんでしょうね。


 じゃあ、実際にその自己愛性人格障害の人ってどういう思考の奴が該当するの?というのをザッと挙げていくと。
・尊大で傲慢で攻撃的なくせに、バカにされたりすると簡単に傷つく。
・常に注目の的であり続けようとする。
・自分のためなら他人を平気で利用する。
・他人の気持ちがまったく考えられず、自分の都合が常に最優先。
・自分よりも出来る人間に対して媚び、下には威張る。人間関係を築く上で横の関係は築けず縦の関係を築くことに躍起になる。
・自分の非を一切認めず他人のせいにする。
・自分は周りから一目置かれている存在だと勘違いしている。
・絶えず自分は出来る人間であるとアピールし続ける。
・自分の周りの人間は、自分よりも出来ない人間であると思っている。
・「○○するべき」といった言葉を結構な頻度で使う。そして周りを自分の考えのとおりに扇動したがる。
・自分の考えが絶対。自分の考えが正しい。なので、人の話が全然聞けない。
・都合の悪いことは無視する。
・あるいは、とんでもない屁理屈をつなぎ合わせてわけのわからない根拠でまくし立ててくる。
・どんな些細なことであれ意見をされると過剰に反応する。
・嫉妬深い
・競争心が異常に強い

 
 と、挙げていけばまだまだあるんですが、まさにネトウヨが言う韓国人みたいな性格なんですよね。自己愛って。

 
 
 ということで、このブログで取り上げるようなことでも無い気がしたんですが、あまりに世の自己愛性人格障害を記事にするブログが「自己愛の人ってこんな人」「自己愛って嫌ね」「自己愛って怖いわね」「自己愛にならないように注意しましょうね」っていう感じで、単に自己愛性人格障害という病気を紹介するに留まっていて、ケーススタディ的なものから、どうして自己愛になっちゃたのかという背景を考察するようなブログがあまり見当たらなかったことから、せっかく今までの人生でたくさんそれらしき人と接してきたんだし、それに関する書籍も結構読んだのでついでにアフィってみたいなと思ったので取り扱うことにしました。



 
 なのでハーデス記事を期待していたお前たちには残念ですが、しばらくあんなクソ台のことは書きません。
 理由は約4万ゲーム間GODが引けていないからです。


 ということで、しばらく真面目な記事を書こうと思うよこの野郎。



 まあまずは、このチェックシートで自分が自己愛じゃないかどうか診断して次回の更新でも待ってみてください。

 
 
 
 
【次回以降の記事】
 その2 上司編
 その3 同僚編 前編
 その4 同僚編 中編
 その5 同僚編 後編
 その6 出世争い編 前編
 その7 出世争い編 後編
 その8 おっさん編
 その9 自己愛の人に好かれてみよう
 その10 インターネッツと自己愛
 その11 おわり

スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop