おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
492

電車と私

 おっさんはサラリーマンだけど、電車がほんと嫌い。
 数年前までドアtoドアで50分の職場に勤めていた時代は、本当に天国だった。
 この同僚と一緒だったけど、通勤時間がここまで短いオフィスでの勤務は初めてだっただけに嬉しかった。
 

 今では、ドアtoドアで最短で90分、台風で荒れてマックスで酷い時は4時間かかる。
 同じ東京とは思えないくらい遠い。
 それくらい残念なところに位置する東京に住んでいる小生なわけですが、電車の中では本を読んだり勉強をしたりする時間に充てていたりします。
 これだけ出勤に時間がかかるがゆえに、勉強するにはうってつけなので、電車の中だけの学習で取った資格はこの4年くらいで10数個くらい。
 ハッキリ言って役に立たないようなのもあれば、趣味の延長のような資格もあり、あまり他人に誇れるようなものは取れてなかったりするんですけどね。

 とはいえ、集中力の乏しい私です。
 勉強していても、電車に乗ってくる招かざる客を見つけてしまうと、途端にウォッチしてしまうのが性。
 
 おっさんになってからこそ、気になる人を見つけると尾行する癖はなくなりましたが、過去には、自作で紙粘土で作ったと思われるカツラを被るおっさんや、身長180cmくらいあって脚が長くてスタイル抜群で、ビジュアル系のような恰好をしている70代くらいのツルッパゲのおじいちゃん等を尾行したこともありました。

 特に、自作紙粘土カツラのおっさんは強烈で、モロに紙粘土丸出しだったんですね。
 紙粘土を黒く塗った上に、ちゃんとニスも塗ってテカリも出してるんですが、それがまた、モロに小学生の頃の図画工作の時間に見たことのある、あの紙粘土なんですね。

 その紙粘土のカツラを眺めていると、なんだかノスタルジックな気分にもなれるんですよ。
 「ああ、鼻くそほじくっては、机の下にくっつけてたな。」
 「ああ、みんなで好きな子のブルマの匂い嗅いでたな。」
 「ああ、早めに生理始まっちゃった女子のナプキン取り上げて泣かしちゃったな。」
 とかね。
 なんかこう、その紙粘土のカツラを眺めていると、小学生のあの頃の思い出が甦ってきて、ほっこりしてくるんですね。


 もうかれこれ、何年もあの紙粘土のカツラのおっさんを見てないんですよね。
 あまりに気になって、まちBBSで質問したら、皆気になってるけど聞くに聞けない有名なおっさんだったらしく、一斉に紙粘土のカツラのおっさんでレスが埋まりました。

 そして、紙粘土のおっさん目撃情報のレスが毎日あり、それを見た妻が
 「平穏だった暮らしを邪魔して可哀想に・・・」
 と一言。

 それ以来、紙粘土のおっさんの話題を、そのスレで追うのはやめました。



 
 電車は、そんな気持ちをほっこりさせてくれるような人だけが乗る、乗り物ではありません。
 この季節、満員電車で一番の大敵ともいえるのは、デブでもなければワキガでもありません。
 私にとっての大敵は、昆虫です。



 ドアが開いた途端、踊りこんできたセミなんて迷惑千万ですよね。
 あんなに迷惑な生き物はほかにいません。
 
 「ミミッ!ミミミミッ!(いやっ!やめてっ!こっちにこないで!)」
 みたいな感じで、ションベン飛ばして来たりして、本当に頭にきますよね。

 誰もあんな鳴き声に触発されて、勃起したりアソコが濡れたりするわけじゃないじゃないですか?
 それなのに、被害妄想も甚だしいですよね。

 ニュースにはならないけどさ、毎年10人行かない程度はさ、突然「ミミッ!」とか鳴いて飛んでくるセミにびっくりして、車道に飛び出して跳ねられて死ぬ人っていると思うんですよ。
 そう思うと、本当にセミってむかついてきますね。
 あんな、眼が離れてる生き物を見て興奮して欲情する人なんているわけないのに。
 本当にむかついてきますよね。


 
 その他に、電車に乗っていて困るのが蛾ですかね。

 帰りの満員電車で身動きできないときにかぎって、普段おまえどこでどうやって過ごしてるんだよ?みたいなモスラ級の蛾を、電車の天井に張り付いてるのとかを見つけてしまうんですよ。

 ああいった、モスラ級の蛾って、ほんと普段何してるんでしょうかね?
 田舎にいけばいくほど、そういうのって見れるじゃないですか?
 うちの実家の方を走ってる電車の車内なんかではしょっちゅう見かけましたね。
 
 もう死にに来てるとしか思えないような位置にへばりついて。
 案の定、そこにモスラがいると気が付かないで座ったお姉ちゃんが、居眠りこきだして後頭部をガン!とぶつけたときに、つぶれたモスラが後頭部にベッタリついてたのは今でもトラウマです。

 
 で、そういったモスラ級でも何でもそうなんですが、電車内で見つけてしまった昆虫は、高確率で私の頭か顔に止まるんですね。
 妻と一緒に電車に乗っていて、蝶が迷い込んできたんですが
 「あそこに蝶々いるでしょ?絶対に俺に止まるから見ててごらん。」
 と言ったら、5分もたたないうちに、私の近くに飛んできて、頭の上に止まりました。


 恐らく、私の前世はクヌギとかそういう樹液を出す類の木だったと思うんですね。
 
 だって毎年必ず1匹以上は、カナブンが顔にぶつかるんです。
 おかしいでしょ?

 普通に歩いてるだけ。
 普通に帰宅してるだけ。

 それなのに、夜道歩いてるとカナブンが顔にぶつかるんですよ。
 小さい頃からそうなんです。
 デブでメガネで、「こぶ平」というあだ名だった小学生だった頃から、そうだったんです。
 
 デブのくせに半ズボン履いて、X JAPANのSilent Jalousyを大声で歌いながらママチャリこいでたら、口の中にカナブンが入ってきてすっころんだこともありました。

 
 
 ゲーセンの前世占いや、ネットの前世占いでも、結構な確率で「前世はオウム」と言われるんですが、その度に
 「いやいや、絶対に樹液が出る木だって…」
 と思うんですよね。


 ということで、生きづらい季節になりました。
 今年は、網戸の用の虫除けやら、壁に撒く用の虫除けを大量に買い込み、先週の台風が過ぎた後に、これでもかというくらい撒いてやりました。
 あまりに撒きすぎて、自分の顔にも結構な量がかかってしまい、直後に顔のかゆみが止まらなくなりましたが、私の樹液をすすりに来る迷惑な昆虫どもを退散させるには仕方のないことです。


 後日、玄関をみたら、カメムシやアリ、テントウムシ等が大量に死んでいました。
 夏も始まり、私から出る、夏の早摘み樹液的なものをすすりにきたんでしょう。
 本当にずうずうしい生き物です。


 ということで、今年も息苦しい夏が始まりました。
 去年のような猛暑日続きはもういやですが、きっと今年もそうなんだろな。
 


   
 
 

 
スポンサーサイト
  • Date : 2014-07-15 (Tue)
  • Category :  日常
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop