おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

543

おじさんはおばさんになりたい 

 唐突ではありますが、私はおじさんです。
 ですがおばさんになりたいんです。
 
 しかし、24時間ずっとおばさんになりたいわけではないんです。
 朝と夜だけおばさんになりたいんです。






 毎日毎日電車に乗って都心に通勤する。
 幸いなことに始業時間が遅い仕事場なもんで、通勤ラッシュの満員電車から少しピークを過ぎた時間に乗ることができる。
 しかし、仕事なんてものはお客さんあってのものなわけで、打ち合わせが早い時間なんぞに入れられてしまった日には、そういった電車に乗らないといけないわけで。
 さらに言えば、行きはよくても帰りのラッシュは同じような時間帯なわけで。

 おかげで私の嫌いな言葉は山手線の、「後続の列車が遅れているため渋谷駅で運転間隔の調整をします。」になってしまった。
 
 渋谷でドア開けたまま待たれるとどんどんと人が乗ってくる。
 もう無理なのに乗ってくる。
 ただでさえパーソナルスペース超広めな私には、これが苦痛で苦痛でどうしようもない。

 そして電車が走り出し、夜なんかは時折原宿でエグザイルやらジャニーズやらのコンサートの帰りの子たちが大量に乗り込んでくるのですが、そんな日は社内はカオスです。
 さっきまでの楽しさとは一変して疲れ果てたおっさんでごった返したカバンや身体で押しつぶされるジャニーズうちわを見て、彼女は一体何を思ったのでしょうか…。
 

 車内トラブルで電車遅延なんてザラですが、私はそんなの仕方ないと思うんです。
 クソもミソも同じ空間に放り込まれてるわけですから。
 自分の中のクソセンサーが作動したら、そのクソから離れましょう。
 それがミソである我々の最大の防御なわけですから。



 でもそんなミソおじさんは思ったんです。
 毎朝毎朝駅のホームで入ってくる電車を見ていて思ったんです。
 先頭の女性車両ってガラガラだなって。(地域によって差はあるかもしれないですが)
 素直にあれに乗りたいなって思ったんです。
 
 じゃあどうすれば乗ることができるのか?


 専用車両とは言っているものの、法的根拠はなく、あくまで男性は協力をしてあげているというスタンスらしいので、乗ろうと思えば乗れるのですが、過去に利用していた路線で、女性専用車両に乗るリーガルハイの時の堺雅人みたいな風貌だけど、顔をよくみると辛坊治郎みたいなおっさんが、
 「女性専用車両にご協力くださいっ!」と声を張り上げて詰め寄ってくる車掌さんに対し、大声で負けじと「女性専用車両には法的根拠はないっ!なので私が乗ることに違法性はないっ!よって私は協力など絶対にしないっ!」
 と戦う雄姿をほぼ毎朝見てきた。

 おっさんが乗るとこういう末路になるのだと、女性専用車両制度が導入されて比較的早期にそれを知ることができた。

 
 そんなトラブルを回避して女性専用車両に乗るにはどうすればいいのか。
 そこで冒頭に書いたとおり、やっぱり私自身がおばさんになるしかないんだろうなと思いました。

 おばさんになるにはどうすればいいんだろうかと考えたとき、ふと「らんま1/2」を思い出しました。


早乙女乱馬は、幼少の頃より無差別格闘流の修行に励む高校生。ある時、修行のため中国へ渡ったが、父・早乙女玄馬と共に悲劇的伝説が伝わる泉が多く湧く修行場「呪泉郷」で稽古中に、父の玄馬は熊猫溺泉(ションマオ・ニーチュアン、パンダが溺れた泉)に、乱馬は娘溺泉(ニャン・ニーチュアン、若い娘が溺れた泉)に落ち、それぞれ水をかぶるとパンダと女の子になり、お湯をかぶると元の姿に戻るという変身体質を背負ってしまった。



 なんて便利なんでしょうか。
 こんなの、まさに女性専用車両に乗るための体質に他ならないと思うんです。

 出勤時には水を被っておばさんとして出勤。
 会社近くの公衆トイレでお湯を入れた水筒を被りおっさんとして会社へ。
 退勤時には公衆トイレで水を被っておばさんとして女性専用車両に乗って帰宅。
 完璧じゃないか。

 
 完璧だと思ったので妻に事情を説明し、
「平日はおばさんとして家を出て、おばさんとして家に帰ってくるけどそれはそれでいいよね?」と聞いたところ、
「どうせめんどくさくなって、そのうち会社以外はおばさんでとおすんでしょうよ。」と言われた。

 そして、通っているジムでプール入るときはおばさんとして女性用の水着でいいかもしれないが、出た後にシャワー浴びたりサウナ入ったりするときはおっさんになるけどどうするの?と聞かれた。
 
 確かにそれは困った。
 
 おばさんとして素っ裸で男湯に入るのに自分としては抵抗はないが、他のジジイが私の豊満な肉体を見て欲情してしまうかもしれない。


 そんなことをバカ夫婦で話をしていると、私がおばさんになった場合、乳輪が汚いか汚くないかの話題になった。
 妻はこげ茶で汚い乳輪のおばさんになると言い張った。
 私は年齢の割にはそこそこきれいな乳輪だと言い張った。

 2042.jpg
 ちなみにらんまは薄ピンク。


 その日の晩、いつおばさんになってもいいように、乳輪の周りに生えている毛を抜いたのはここだけの話だ。









【次回予告】
 おっさんがおばさんになった場合、どのようなおっぱいが理想なのかを考えるために、女優のおっぱいが見れる映画でも紹介したいと思います。

 2043.jpg
 画像は津川雅彦に迫られてついついおっぱいポロリする高島礼子。

 
 
スポンサーサイト
  • Date : 2015-10-24 (Sat)
  • Category :  日常
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。