FC2ブログ
おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
612

公告が表示されてしまったので更新

 広告表示されたら更新するブログになってしまったなぁ…。

 すっかり、家には寝るためだけに帰ってきているおっさんです。
 一時期、帰るのもめんどうになり、ホテル暮らしをしていたんですが、さすがに毎日同じスーツだとファブリーズではだんだんと加齢臭もごまかせなくなるもんです。
 寝るためだけのビジネスホテル1万円は、仕事場から徒歩1分。
 寝るためだけに帰る自宅までのタクシーは1万5千円で、仕事場から40分。
 別にどちらも経費なんでどうでもいいんですが、次の日のことを考えるとビジネスホテルの方がいいんですよ。
 
 でもそういうことが続くと浮気を疑われるわ、帰らないならキャバクラ行こうだの風俗行こうだのと誘われて結局まっすぐ家に帰った方が良かったという話になるわけで、ビジネスホテル暮らしもデメリット多いなとわかって結局タクシー帰り。
 
 この会社に長く居る人ほど家庭崩壊してるというのがよくわかるなぁとつくづく思いました。
 仕事も不倫もエネルギッシュなんですよね。
 私を今の会社に誘ってくれた人は仕事はしないけど不倫はエネルギッシュな方だったのですが、会社に仕事をすることを強要されてうつ病になってしまいました。
 休職して3か月たちますが、結局不倫三昧で復帰する気配がございません。
 こんな人でも給料の6,7割は休職中はもらえるわけです。
 世の中間違ってますよね。年収1200万くらいだと思うので、それを月収に換算して掛け算してもたいそうな金額です。
 こんだけもらえてふざけた仕事しかしてないと思われるかもしれないですが、まあ相手をつぶすか自分が潰されるかみたいな仕事なので、妥当と言われれば妥当だなと最近になって思うようになりました。
 
 とはいえ、これに慣れたら何だか人間としておかしくなってしまうと思う自分もいる一方で、
 「よく週刊誌とかにも書いてあるだろ?生活の水準上がったら下げることができなくなるんだよ。そのうちお前もそうなるんだよ。仮にお前がならなくても家族がそうなるんだよ。」
 と言われ、確かに最近妻は自宅で第三のビールを飲まなくなったことを思い出しました。

 これはまずいと思い、スーパードライを与えることを止め、自宅では「人生の楽園」を観ることを徹底し、「俺は近い将来社会からドロップアウトして、とんでもない集落に引っ越すような男なんだぞ」と刷り込ませるも、ことごとくそれを拒否。
 会社も、すっかり休まなくなった私に安心してか、次々に案件を放り込んできて、稼働率も100%が適正とする社内の管理システムに平気で150%とか登録してしまう始末。
 
 会社から肩叩かれてクビだろうと思ってたんですが、どうやらそういうことにはならない感じとなりました。
 が、どっかで辞めるとは思いますけどね。さすがに身体が持たない。

 そんな業務過多なように見えるおっさん。
 平日は確かに4時間くらい寝るために家に帰るだけの人間ですが、土日の休日は毎週とは言えませんがほぼ毎週もらえており、その休みは病院周りの日となっております。

 ジジイなのでメンテンナンスしないと生きていけないのです。

 そんな通ってる病院の一つの近所のアパートの一室に「リアル脱出ゲーム」というお店がありました。
 どう考えてもアパートの一室なんです。
 そのアパートの一室の道路に面した側の窓に「リアル脱出ゲーム」と書かれていて非常に気になっていたんです。
 
 怖いもの見たさで入るべきか入らないべきか。
 おっさんが一人で入るべきか入らないべきか。
 まるでずいぶん昔のジャンプで連載していたアウターゾーンに迷い込んでしまうかもしれない。
 そのお店出る頃には、自分の中で何かがはじけて、ポコチン出して店外に出て逮捕されるかもしれない。
 
 そんなまだ見ぬ自分を見せてくれるお店なのかもしれないと期待を膨らませる日々が続きましたが、本日病院ついでにアパートの下を通ったら、「リアル脱出ゲーム」の文字が剥がされ、内装が外から丸見えになっていました。
 木材で部屋の中にちゃんと枠組みがされており、それなりに凝った感じにも思えました。
 
 きったねえアパートだっただけに、畳とかそのままで、適当にファミコンとかやらせるような店だったんじゃないかとか、幼女が来たら店主がイタズラして逮捕されるような店だったんじゃないかとか色々思ったんですが、閉店となった模様。

 ツイッターには閉店後も固定ツイートがされており、作りかけと思われるお店のHPの残骸にも哀愁が漂っておりました。

 
 よりによって、どうして駅から徒歩15分で、かつ大通りに面してもいないアパートの一室で脱出ゲームの店を始めようと思ったのか。
 こんなところにそんな店作られたら、奇妙な世界の扉だと思わないわけがないじゃないですか。
 
  
 
 
スポンサーサイト
  • Date : 2017-12-10 (Sun)
  • Category :  日常
Return to Pagetop