おっさんアフィリエイト
ブログ内検索
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
・当ブログは私が興味あることをゴチャゴチャ書くブログです。カテゴリから興味ありそうなの選択して閲覧してもらえれば幸いです。

・当ブログにコメント欄はありませんが、拍手ボタンでコメントを送ることができます。ありがたくきっちりと読んでいます。気が向いた時にお返事することにしています。

・当ブログの内容は適当です。話半分で見てください。

・大抵音楽聴きながら記事書いてるので日本語が意味不明ですが気にしないでください。

・リンクはご自由にどうぞ。

アーカイブ
おっさんブックマーク
◆おもしろ◆
boketeの小生のページ

◆プロレス◆
カクトウログ
プロレス技辞典

◆アイドル◆
BiS

◆ゲログロ◆
VICE
scaryblog
ランキング
携帯でウンコしながら見よう!
QR
88

ここがダメだよ ホースケミニ

663.jpg

かれこれ1万以上使っているが、ホースケミニであたったことがない。


おっさんは、絵合わせはやるが玉入れはやらない。
なんていうかな、液晶の抽選ってのが長くてむかついてくるじゃないですか?
私はね、せっかちなんですよ。
よく皆さん、あんな
じらしてじらして
じらしてじらして
じらしてじらして
じらしてじらして
ハズレ

でまた何事もなかったように数字が回転ってのに耐えられるなぁと思う。
実は玉入れやってる奴って、みんな温厚なんじゃないかって思うよね。
あんなのおっさんは眺めてられないんです。

期待させるだけ期待させて、はいドーン!みたいなね。
胴上げしておいて皆で受け止めないあの感じ。
ストーリー系のロングリーチなんかもむかつきますね。
1分以上もチンタラと眺めさせてハズレとか。

まるで、映画観てディナーして二件目で酒に酔わせて終電を失わせ、
下心いっぱいで自宅に泊めさせたにも関わらず
「ゴムないならできないからねっ!ぜったいっ!」
なんて、さっきまでの酔いも忘れて真顔で言われるみたいな感じでさ、
期待させるだけ期待させておいて、最後にダメーっ!みたいなのがね。


そんな感じで玉入れはやらないんですが、羽根モノに関しては別なんです。
Vに入れればいい。それだけのお仕事でわかりやすいじゃないですか?
なんか液晶って作為的だし、信用できないんですよね。
そもそも、パチンコ業界が信用を売り物にした商売じゃないので信用もクソもないわけですが・・・。

で、ホースケミニには期待したんです。羽根モンじゃないですが、液晶をただただ眺めるだけじゃないですし。
しかし、これが酷かった・・・。
こんなのにお金使うなら、ミニオンゴッドとかミニスカポリスのDVDとかにお金使った方がいいです。


ということで、どこがダメなのか簡単にご紹介。


①スタートチャッカーが時々反応しない
664.jpg
これは何気にアムテックスの他の台も言える。
去年出たビッグシューターも同じで、チャッカー入ってるのに反応しないの。羽根開かないの。
「保留機能がないから羽根開閉直後のタイミングだと反応しないんだよおっさん・・・」
って思っただろこの野郎。
そのタイミングじゃない時に入ってるのに反応しないことが稀にあるんだよこの野郎。
これにはまいったね。



②1/2の玉がここで弾かれる
665.jpg
確実に半分削られます。


③奇怪な制御で抽選穴に行かない。
666.jpg
②のところに玉がいくと、この役モノの回転が奇怪な動きをします。
なんだか当たらないように計算してるかのように、反時計回りしてるのかと思ったら、少し時計回りをして、また反時計回りをして・・・という奇怪な動きで、巧みに抽選が行われる部分(赤い部分)で玉を受け取ろうとしません。



小さい頃はドミノが好きでさ、テレビでドミノやってればドミノ観てた子供だったらしいよ。
今でもピタゴラスイッチやってると食い入るように見ちゃうからね。
この台を最初に打った時は、それこそ③の時点で玉弾かれてもさ、初めの方でこそ
667.jpg
みたいな感じのテンションで楽しめたんだよ。


隣のおばちゃんなんか、Vに玉乗るか乗らないかって時は
668.jpg
こんな顔してたしさ。







669.jpg
でも10分もしたら、おっさんは③の作為的な動きにこんな顔してたよ。



やはり最近はサイドラ2くらいなもんです。
おっさんの胸をあつくさせてくれるのは。

旋風の用心棒も少しやったんですけどね。
ART中はひたすら弾よけ続けるっていう地味な内容に失笑しました。
あとは、リールが少し逆回転する演出の
「プウッ」
っていう屁みたいな音も面白かったです。
もうちょっと臨場感崩さない効果音を考えられなかったんでしょうか?
ARTの前兆は、屁が連続で鳴ることだと気がついた時は結構面白かったですが。







スポンサーサイト
Return to Pagetop